うちにペットの『ベタ』がやってきた

標準

IMG_4259
『ベタ(Betta)』と聞いてすぐピンとくる人は
それほど多くはないだろう。
私もペットショップで見たのが初めてだった。

クリスマスに子犬を欲しがっていた娘だが、
動物嫌い(ごめん!)の私には
これだけは買ってあげることができなかった。

旅行に行く時など長期に家をあけるときの
世話を考えるのも面倒だし、
ダンナもペットについてはあまり前向きではなかった。

なのに、だ。

日曜日の夜、夕食を何にしようかと話していると
急にダンナが
「じゃあ、ペットショップに行ったあと
何かテイクアウトしよう」
と言い出した。

「何でペットショップなの?」

「天気が悪くて一日中家にいたから
気晴らしにペットショップでも見に連れて行こうかと思って」

見るだけなら、と私も深く考えずに行くことにしたのだが
これがそもそもの間違いだった。

娘は、もう家族でペットのお買い物に行く気になっている。

なぜか犬はいなかったが、お店で猫や小鳥、ハムスターや爬虫類などを見て
娘は大喜び。動物園に連れて行くよりよっぽど楽しそうだ。

30分以上も遊んでいただろうか。
気がつくとダンナがいない。

よく見ると、魚の水槽を物色している。

「ベタならそんなに手もかからないし、色もきれいだし
水槽も小さいので大丈夫だからベタにしよう」

え、買うんだ。

それを聞いた娘はすっかりその気になって
どの色のベタにしようか物色している。

じゃあ、クリスマスのプレゼントはお魚にすればよかったじゃん。
なんで今日なの?

そんな私の気持ちをよそに、ダンナと娘は
水槽やその中に入れる作りものの石や海藻をカゴに入れ、
最後の魚選びにかかっている。

ベタは、タイが原産の淡水に住む熱帯魚で
水質にもあまり敏感でなく
飼育が簡単な割に、色や形がきれいなので
けっこう人気のある魚らしい。

特にオスは背ビレも尾ビレも長く大きくエレガントで
蛍光ブルーと赤が微妙に入り混じった鮮やかな色をしているが、
個体によってその混ざり具合が異なり
選ぶ楽しみもある。

ショップの中には、ベタだけ金魚や他の熱帯魚から独立したコーナーが
作られているほどだ。

ちょっと紫がかったようにも見えるベタのオス(写真の左側)と
ヒレも短く白っぽい色で、オスよりは地味なメス(写真の右側)の二匹を選んだ。
それぞれ$4.79なり。
この値段も人気の秘密なのだろう。

こうして、全く無計画だったにもかかわらず
うちに初めてのペットがやってきた。

「世話が楽だから」と言っていた割には、
メスがオスを怖がって餌を食べないからといって
メスのために水槽をもう一つ買ってきたり、
小さなコップみたいなケースに入れられてペットショップにいた間に
オスのヒレが傷ついたみだいだからといって
水槽の水に混ぜる薬を買ってきたり、
それからというもの、ダンナはすっかりベタにべったり。

「私が餌をあげるって約束したのに、なんであげちゃったの!」
と、娘にも怒られる始末。

よくよく聞くと、ダンナは子どもの頃ベタを何匹も飼っていたらしく
その思い出へのノスタルジアもあるのだろう。

一人っ子の娘によい遊び相手ができたと思っていたが、
そのうちきっとダンナ専用のペットになってしまう予感がするのは
私だけだろうか。。。。

コメント大歓迎!

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください