豊富なメニュー、出費も$$$のサマーキャンプ

標準

夏休みまであと1ヶ月を切った。
この時期になると、ママ同士の会話はもっぱら
「夏休みはどうするの?どのキャンプに行かせるの?」だ。

夏休みなどの長期休暇になると
アートやスポーツ、サイエンスなどのいわば習い事の教室が
こぞって一日数時間〜一週間〜単位の
夏休み特別コースを用意する。

普段、なかなか習わせる時間のないアクティビティを
夏に集中してやらせてしまおう、という目的もあるが、
夏休み中のチャイルドケアとしてもキャンプの存在は欠かせない。

州によっては、一定の年齢に達しない子どもを
保護者なしで家にいさせることは違法というところもあり、
(実は、カリフォルニアではその規定は適応されていない)
共働きの家庭は、夏休み中も誰かに子どもを預けなくてはならない。

手っ取り早いのが、このあちこちで提供されている
サマーキャンプの中から時間や場所、費用などが都合にあっているものを
選ぶことだが、これだけメニューが豊富にあると
その中からいくつかを選ぶのもひと仕事だ。

そして、あれこれ見ているうちに
つい『どうせなら付加価値の高いものを』と考えてしまうのも
当然の成り行き。

子どもたちによるスタートアップ
ゲームプログラミング
コンピューターテクノロジー
ロボットデザイン
などシリコンバレーらしいコースも目白押しで
正直、ちょっと過熱気味にも思える。

対象年齢が6歳〜などと書かれていると、
ついうちの子にもプログラミングなどやらせてみようか、
などと思ってしまうのだが
そういったコースは費用の方もプラスαで
だいたい一日2〜3時間で一週間$200〜ぐらい。

早朝および夕方のケア料金を加えるとその倍ぐらいになってしまう。
しかも夏休みは8週間と長い。

うちはまだ7歳だし、本人が興味を示している
ミュージカルキャンプに入れたいと思っているのだが、
申し込んだ時にはときすでに遅く、
未だにキャンセル待ち。

ちなみに、こちらは9時から3時までの三週間で$715。
時間が少し短いこともあって
他のコースより手頃に感じるが、それでも一週間で2万円を超える感覚。

毎年、日本への帰省から戻った後に1〜2週間だけ通わせている
娘のアフタースクール主催のキャンプは
朝7時から夕方6時までで一週間$320。

こちらは、特別フォーカスしたアクティビティはなく
いわゆる学童のようにアートをしたり外で遊んだり、
週一で遠足に行ったりする『お遊び』的なキャンプで、
本来、これがもっとも子供らしい夏休みの過ごし方だとは思うのだが
こちらも去年は$300以下だったから10%ほど値上がりしている。

どこかに行っても、家に残っても、
お金がかかるというのがアメリカの夏休みの現実だ。

というわけで、夏休みのプランニングは
ママの腕の見せ所なのだが、
「(去年の日本での小学校体験のせいで)もう日本へのプチ留学はしたくない」
という娘のおかげで
恒例の日本帰国を含め、うちの夏休み計画はまだ未定。

今年はさらに実力が試されそうだ。

コメント大歓迎!

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください