YMCAサマーキャンプ – 9歳の娘が親元を離れて初めての集団生活

標準

(2018年の夏を振り返って書いています。
 I am so behind! Sorry!)

日本への帰国をあきらめたこの夏休み、
娘はサマーキャンプ
そのほとんどの時間を過ごすことになった。

これまで、他のプログラムを検討することもなく
アフタースクールに通っているプログラムの
サマーキャンプに送っていたが、
いつもと同じ顔ぶれの友達と同じ場所で遊んでいるのに
ちょっと飽きてきた、と娘が言い出した。

へえ、同じなのがいいのかと思ってたけど。

そこですぐに思いついたのが
家族でジム会員になっているYMCAのプログラムだ。

YMCAはジムだけでなく
夏休みなどの子供向けアクティビティ・プログラムも有名で
特に一週間〜の泊りがけキャンプは
予約が殺到する人気プログラムだというのは前から聞いていた。

冗談交じりに
「泊りがけのYMCAキャンプとか行ってみる?」
と娘に聞くと
「うん!」という返事。

え、行くの?ほんとに?

思いも寄らない返事に
あわててプログラムの内容を見てみると。。。

・対象は夏休み明けの学年が3年生以上10年生以下の子ども
・キャンプ場は車で1時間ほどのYMCAが所有する”Jones Gulch”
・6月から8月半ばまでほぼ毎週実施
・乗馬やジップライン、カヌー、ハイキングなど
 日替わりアウトドア・アクティビティが盛りだくさん
・7〜8人のグループで男女別にコテージに滞在

とにかく大自然の中を走り回ることが第一の目的のようで
キャンプファイヤーやタレントショーなどの夜のイベントも楽しそう。

娘は今度4年生になるから年齢的には大丈夫だけど
初めてだしお友達も一緒がいいよね、と
仲良しのお友達のママ数人に声をかけてみた。

すると、誰もが口をそろえて
「うちの子にはまだちょっと無理かな。
 一週間もうちから離れるなんてこれまでやったことないし」
と言うではないか!

子どもだけでなく、親の方も心の準備ができていないようだった。

娘はがっかりするだろうと思いつつ
「みんな行けないって言うけど、さすがに一人じゃ嫌だよね?」
と聞くと
「別にいいよ。一人で行く」
と言う。

「え、本当に大丈夫?一週間だよ」
と何度も念を押したが
「おばあちゃん家に一人で泊まったことあるし」
と決心は固い。

一人で、、、という枕詞がつくといつでも何でも
「ママかパパが来てくれないとヤだ」
と言っていたのに、どういう風の吹き回しだろう?

6月のクルーズで、新しいお友達と自由気ままな日々を過ごしたことで
自立心が芽生えたのだろうか?

少しこちらが戸惑ってしまうぐらいだったが
かわいい子には旅をさせろ、と言うのはこのこと、と
Jones Gulch Resident Camp に申し込むことにした。

一週間、宿泊&食事代込みで$740。
9〜5時のデイキャンプの約2倍だが、
ここは娘の成長と夏休みのもう一つの思い出に
投資するとしよう。

次へ続く

コメント大歓迎!

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください