カテゴリー別アーカイブ: アメリカの教育

Graduation パレード

標準

6月17日
新調したレモン柄のプリントの夏らしいドレスを着た娘は
ちょっと大人っぽく見える。

今日が彼女の小学校最後の日、卒業パレードが行われる。

家族3人でデコレーションをした車に乗り込み、
学校へ向かった。

久しぶりの学校の門の周りには
『2020年クラス、卒業おめでとう』
と書かれた垂れ幕や
青い風船で飾り立てられたアーチなどが用意されていて、
マスクをした先生やボランティアたちが
忙しく動き回っている。

パレードは、クラスごとにスタート地点と走行路が異なり、
それぞれのスタート地点に
11時に集合することになっていた。

開始時間の10分前だというのに
のんびりしたカリフォルニア・タイムのせいか
指定場所には私たち以外にまだ1家族しか来ていなかった。

派手に飾り立てた車の外で時間をつぶす私たちを見て
近所の人が
「これ、何の集まりなの?」
と聞いてきた。

「卒業パレードなんです」と言うと、
「おー、それは素敵なアイデアだね。
 外に出て見送ってあげるよ」
と言ってくれた。

そっか、学校の近所とはいえ、
みんながパレードのことを知っているわけじゃないんだ。
当たり前だけど。

などと考えているうちに、ようやく隊列が長くなってきた
(写真上)。

私たちは言われた通りに水性チョークで
車にコメントやイラストを精いっぱい散りばめたのだが、
ほかの車を見ると
車の上にユニコーンの形をした巨大な浮き輪を取り付けたり
「おめでとう」という文字をかたどった風船を浮かばせたり、
みんなそれぞれに工夫をして車に飾り付けをしていた。

さすがパーティー好きな国民だけある。
派手だと思っていたうちの車は
それほど目立たなかった。

娘のクラスはパレードの最後尾のため、
開始まで少し時間があった。

子どもたちは車を降りて、
マスクをしたまま微妙な距離を保ちつつ
久しぶりの再会を喜んでいた。

そして、トランシーバーを持った案内係の
「では出発です!」という合図をもとに
娘のクラスの隊列が移動し始めた。

卒業生は助手席にマスクをつけて乗り、
正門の前で校長先生から卒業証書とアルバム、記念品などを
受け取ることになっている。

娘のキンダーガーテン(1年生の前の学年)からの
担任の先生方が校門近くで
「おめでとう」などと書かれた看板を持って
パレードに手を振っているのが見えた(写真中)。

TK(キンダーガーテンの前の特別クラス)を含めると
7年もこの学校に通ったことになる。

お世話になったなあ。

私も、娘が入学して数年間は、
イベントのヘルプや担任のアシスタントとして
頻繁に教室に出入りしていたので
これが最後かと思うとちょっと寂しい。

スクールカラーのブルーのジャケットを着てマスクをつけた
校長先生が見えた。

窓越しに茶封筒に入った卒業の品を受け取ったら(写真下)
前進して同じくスクールカラーの
青い風船で飾られたアーチをくぐる。

そのあと、学校の周りを一回りしたらパレードは終了だ。

本当ならあちこちで先生やお友達、その保護者たちと
ハグのしっぱなしだったと思われる卒業式だが
そんな感動的な場面もなく
パレードはある意味、淡々と進んだ。

きっと、普通に卒業式をやるよりも
今回のパレードの準備の方が何倍も労力がかかったに違いない、と
思えるぐらいよく準備されていたが、
やっぱり娘は最後まで納得がいかないようで
「なんだ、これだけ?」とふてくされていた。

この不完全燃焼的な気持ちを
どうやって誰にぶつけたらいいのか分からないのだろう。

感傷的にならなくてすんだという意味では
私にとってはありがたかったが、
やっぱり最後にお友達や先生とゆっくり集うこともなく
小学校の思い出が尻切れとんぼのようになってしまったのは
かわいそうだった。

誰のせいでもないのだけど、
全世界で同じ気持ちを味わっている卒業生がいっぱいいるのだろうけど、
早くこの埋め合わせができる日が来ることを祈らずにはいられない。

こうして娘は歴史に残るパンデミックの中、
小学校を卒業した。

このブログのタイトルも〜娘はアメリカの中学生〜に
変える日が近い。。。

バーチャル卒業セレモニー

標準

6月16日
卒業パレードの前日、娘と一緒に
車のデコレーションをした。

このためにAmazon で買った水性チョークで
車の窓をお祝いのイラストやコメントで埋め尽くすのだ。

結婚式を挙げたばかりのカップルが
派手に落書きをした車でハネムーンに出かけるシーンを
映画などで見た覚えがあるが、
あれにはこの水性チョークというシロモノが使われていたんだなあ、
などと思いながら仕事に取り掛かった。

Congratulations! などはもちろんだが、
You did it! (よくやったね)、
Class of 2020(2020年卒業)、などのフレーズや
学校のマスコットのクマ、
紙ふぶきやリボンのイラストを
10色のチョークを娘と取り合いながら
あちこちに描いていく。

チョークとは言いながら、見た目はマーカーそのもの。
ペン先のフェルトの部分を押すと液体のインクが出てくるが
ガラスにペイントするとすぐに乾き、
ペーパータオルで拭くとポロポロと粉になって落ちるので
色が残ったりガラスを傷つける心配はなさそうだ。

運転席の前の部分だけを残して
ガラス窓というガラス窓を隙間なく埋め尽くすと
娘は満足したようだった。

その後、夕方6時からのバーチャル卒業式のために
いつもより少し早く夕食を済ませた。

そして6時。
テーブルにラップトップをセットアップして
家族3人でスタンバった。

録画ビデオを各家庭で見るだけなので、
後から考えるときっかりその時間でなくてもよかったのだが
やっぱり他の同級生もみんな一緒に見ていると思うと
少しセレモニーらしい気分になる。

校長先生の言葉、
生徒会長のスピーチのあと
科目ごとの優秀者に贈られるLanducci Award(アワード)の表彰があった。

Landucci Award は、この学区出身の歯科医Mr. Landucci の寄付によって
創設された基金による奨学金で、
学区内の小中学校それぞれの卒業生の中から
算数や理科などの科目や校内活動などいくつかの領域に
数名ずつが選ばれるらしい。

なんと、うちの娘はScience(理科)で名前を呼ばれた。

「Science、得意だったっけ?」と不思議顔のダンナと私に、
「私のレポートは、いつも図解が上手だってほめられてたからね」
と、したり顔の娘。

まあ、どんな理由であれ
Award を受賞しただけであっぱれ、と素直に喜ぶことにした。

Award 表彰の後は担任による卒業生の紹介。

宿題になっていた自己紹介のスライド
ここで披露されるのだ。

スライドには
各自が書き込んだクラスメートへのコメントに
担任からの本人へのコメントが追加されていた。

「xx君は(さんは)〜な性格で、
クラスメートたちはxx君(さん)のことを〜と思っています」と、
本人の人となりが先生とクラスメートの目から語られている。

娘の学年には100人弱の同級生がいるが、
「この子、x年生の時、同じクラスだったなあ」とか
「大人っぽくなったねえ」とか言いながら見ていたら
あっという間に終わってしまった。

これでバーチャルセレモニーは終了。

校長や生徒会長がともに
「パンデミックによって困難や失望、不満と向き合い
それにどう対処するかという人生における大事なライフスキルを学んでいる」
という内容のコメントをしていたのが印象的だった。

Shelter in Place が導入されて3ヶ月。
ライフスキルで乗り切れるうちはいいが
夏休み、新学期、と困難や失望が継続しそうな気配の中、
アカデミックの進度や心身の健康への影響が気になり始めている。

一日中オンラインの私立 vs. 自主学習中心の公立

標準

4月22日からの新学期は
Distance Learning Phase 2(フェーズ2)と名付けられ、
付け焼き刃的だったフェーズ1よりは
学習内容や課題の指示なども少していねいになり、
使うオンライン教材の種類も増えた(写真)。

それでもやっぱり
教師がライブで授業をするというよりは、
動画やオンライン教材を使って自習し、
日々、宿題を提出するというのが基本だ。

週に2回、5〜6人規模に分けられた小グループごとに
30分のミーティング、
週に1回だけクラス全体でのミーティングが
スケジュールされている。

例えば社会科では、アメリカの独立に関わる
ボストン茶会事件”が最近の学習テーマだったが、
学習フローはこんな感じだ。

『アメリカにやってきた移民の立場で、
本国の親戚に手紙を書きなさい』。

『あなただったらイギリス本国側につきますか?
植民地側につきますか?それはなぜですか?』

Google Docs やGoogle Slides に自分のエッセイをまとめ、
グループミーティングでクラスメートのエッセイを見ながら
ディスカッションをし、
先生からフィードバックやアドバイスをもらう。

アメリカ50州の位置と州都の暗記の課題では
テストが実施される予定だったが、
オンラインでのテストは難しく
最終的にはキャンセルとなり娘は喜んでいた。

理科では、人体の器官やそのはたらきについて
各自、工作や詩など、好きなアプローチでまとめ、提出した。

粘土で体内器官の標本を作って写真に撮っている子もいれば、
ていねいな図解をしている子もいる。
うちの子は何かの替え歌を作っていたが、
これが意外と教師にウケたらしく、
実際に歌ってビデオに撮るよう言われたという。

娘の小学校では、5年生になると
子羊の脳を解剖するというのが伝統行事で
娘もかなり楽しみにしていたが、
残念ながらCOVID-19 のおかげでキャンセルになってしまった。

実際の解剖に匹敵するインパクトを期待するのには無理があるが、
子どもたちの想像力と自主性に任せるという意味では
Distance Learning 以前とあまり変わりはない学習環境なのかもしれない。

まあ、こんなものでしょ、と自分に言い聞かせるようにしていた。

が、ある日、同じスイミング・クラブで
私立学校に通っている子の
ママと話をする機会があり、そうも悠長にかまえていられない気になった。

その子の学校では朝8時半から3時まで
通学していた時と同じスケジュールで
全科目、カレンダー通りにきちんとオンラインで授業をしているという。
体育も音楽も図工も、だ。

公立とはえらい違いだ。。。

普段は私立学校なんて選択肢として考えたこともなかったが、
こういう時にはやっぱり差が出るのだ。

学費を払って私立に通わせていたら
確かに週に2-3回、30分のミーティングでは
親としては不満足だろう。

バーチャルクラスになってからの授業料を
一部払い戻せ、という声も
あちこちの私立校で上がっているというから
学校側も必死だ。

一方で、小学生が一日何時間も
コンピュータの前に座りっぱなしで
学習効果はあるのだろうか、との思いもよぎる。

あとから聞くと、
授業を受けながら別のウインドウやデバイスで
ゲームをしている生徒がいて
保護者を巻き込んでの懇談会に発展したということもあったらしい。

教師の対面時間が長ければいいというものでもないし、
理想の学習環境を望めない現在では
きちんとミーティングに出席して
課題を提出しているだけでも御の字、と
割り切るしかないのだろう。

8月からの新学期には
通常(に近い)授業が始まり、
Distance Learning は3ヶ月でおさらば、
という仮定のもとの話だが。。。

Distance Learning Phase 2 は学期終了まで

標準

4月20日
2週間の春休みが終わって、
この日から新学期が始まる予定だった。。。

予定というのも、急遽、20日と21日の2日間は
教職員のDistance Learning の準備に充てられることとなり
子どもたちが実際に学習を始められるのが
22日にずれ込んだからだ。

「2週間も春休みがあったのに
その間に準備できなかったのかしら?」
と、普通なら考えてしまうところだが、
アメリカの教職員に向かってそれは禁句だ。

前にも書いたことがあるが、
アメリカの教職員組合はかなりパワフルで、
職員の労働時間や権利などが
きちんと守られている。

春休みは子どもだけではなく
教職員にとっても休暇であり、
その期間中に仕事をするというのは
前提となっていないのである。

よって、春休み直後に2日間の予備日を設けて
カリキュラムの作成や
テクノロジー研修に当てたようだ。

日本の教職員がこれを知ったら
どんなに羨ましく思うだろうか。

とにかく、そのようなわけで
退屈きわまりない毎日を過ごしている子どもたちの相手を
保護者が2日間余分にしなければならなくなった。

Bad News はそれだけではなかった。

新学期の開始と同時に、
教育委員会から
夏休みまで学校閉鎖を継続するという決定が発表された。

今年度は校舎に戻って勉強をするということは
ないということだ。

アメリカや世界の情勢を見れば予測はついていたというものの
いろんな意味でそのニュースはショックだった。

5年生の娘は今年で小学校を卒業する。
6月には卒業式や卒業プールパーティなどが
すでに予定されていたが、
それが全部おじゃんになる、と娘は泣きそうだった。

小学校でもこれだけ大ごとなのに
高校や大学を卒業する予定の子どもたちにとっては
そのショックは半端ではないだろう。

3月に学校が臨時休校になった時には、
もう2度とクラスメートと机を並べて
勉強することはないなんて思いもしなかっただろう。

どうでもない日常がこんなに貴重に思えるようになるなんて、
今更ながら
“Seize the Day”(今を生きろ)という言葉の重みを
かみしめたくなる思いだ。

一方、この春休みの間に
コンピュータやタブレットなどを所有していない子どもや
ネットアクセスのない家庭に
Chromebook やWiFi hotspot などを無償で配布する体制が整えられるなど、
Distance Learning の環境はおおかた整ったという。

Distance Learning が長期戦となり、
強制的にデジタル・デバイドが縮小される方向にあるのは
パンデミックがもたらした唯一のポジティブな結果かもしれない。

そんな複雑な思いをめぐらせながら
4月22日の朝に届いた
担任教師からの新学期のメールを読んでいた。

Social Distancing なHappy Birthday

標準

娘の仲良しさんのうち2人は4月生まれ。

Aちゃんの誕生パーティに呼ばれていたのだが、
Social Distancing でパーティは中止になってしまった。

そこでグループの一人がこんなことを言い始めた。

「パーティがあるはずだった日に
Aちゃんのお家の前にみんなで集合して
ハッピーバースデーの歌を歌ってあげよう」。

子どもたちが式次第や服装などについての
ビデオミーティングを重ねる一方、
母親たちも連絡を取り合い、集合時間などを調整。

ほとんどの子どもは車での送迎なしには
Aちゃん宅にたどり着けないため、
当日は親同伴のプチ集会になった。

集まったのは娘を含む5人(+その母親5人+父親2人)。

Aちゃんのお母さんが
事前に切り分けたバースデーケーキを2-3m間隔ごとに
地面に一列に並べてくれていた。

それに沿って全員が自宅で準備してきてきた
バースデー・メッセージ・ポスターを掲げると
Aちゃんのお母さんが本人を呼びに家に入った。

本人には知らせていないサプライズ・パーティだ。

Aちゃんが家から出てきたところで
みんなでハッピーバースデーの歌を歌い始める。

Aちゃんは一瞬びっくりした様子だったが、
照れたようにニヤニヤ笑いながら聞いている。

「ハッピーバースデー!」といっせいに声をあげたものの、
お誕生日ガールに駆け寄ることもできず
ハグをすることもできず
その場でそれぞれがケーキをほおばってお祝いした。

そして、誰からともなく
「お互いに近くに寄らないって約束するから
お散歩に行ってもいい?」と聞く。

1ヶ月ぶりにやっと会えたというのに
こんなにあっけなく終わりにしてしまうのが
物足りないのだろう。

Aちゃん宅は学校の近くにあることもあり、
懐かしい気分になったのかもしれない。

久しぶりにお友達に会えて大興奮している
子どもたちを引き離すのはかわいそうに思えたのか、
「6フィート開けるのよ」などと言いながらも
それを引き留めようとする親はいなかった。

そうして、約30分後に戻ってきた子どもたちを連れて
それぞれがまたShelter の自宅へ戻った。

その翌土曜日はMちゃんの誕生日。

Mちゃんのママからはあらかじめ
「家に閉じこもってばかりなので
ドライブがてら仲良しのお友達のお家を順番にまわろうと思っています。
ハッピーバースデーの言葉だけかけてもらえるかしら?」
とのメールが来ていた。

娘は、ガレージの前に小さなテーブルを置き、
おもちゃのケーキとコーヒーカップを用意して
パーティ気分を演出してあげたいという。

「あと15分で着きます」というメッセージをもらう1時間以上も前から
家の中と外を行ったり来たりしてそわそわしている。

知り合いから借りたという真っ赤なコンバーチブルで
Mちゃんファミリーがようやく到着、うちの前に停まった。

娘と私でハッピーバースデーの歌を歌った後、
娘が車の停まっている歩道まで出てプレゼントの入った小さな紙袋を置くと
Mちゃんのパパが降りてきてそれを取り上げ、
代わりに小さな箱を置いて行った。

中には、小さなホワイト・チョコレートケーキが入っていた。
ほんの数分のささやかなお祝いだった。

パーティ・テーブルを片付けながら
きっと、こんな光景がこれからあちこちで見られるようになるんだろうな、と思った。

Social Distancing という制約の中でも
こうやって非日常を楽しもうという
クリエイティビティと前向きさ(?)は
パーティ好きでソーシャルなアメリカン・カルチャーそのもの。

外出禁止だからと言って
すべての楽しみをギブアップし、黙って外に出られる日を待つなんてことは
あり得ないのだ。

非常事態宣言が出されても
株価が暴落しても
何とかなると思えるのは、
私もそんなポジティビティをもらっているからかもしれない。