カテゴリー別アーカイブ: 教育事情

Shelter in Place でも妥協しないGraduation

標準

学年末まで学校に戻ることはないという決定を受け、
従来形式の卒業式やパーティが
すべてキャンセルとなったことは前に書いたとおりだ。

卒業証書やアルバムが郵送されてくるだけで
終わりかと思いきや、
そこで黙って引き下がらないのが
イベント好きのアメリカ人。

5月16日、全国の卒業生に向けて
“Graduate Together” という特別番組が
テレビで放映され、
Obama 前大統領がスピーチをしたのを皮切りに
(現大統領がいかに不人気かがよく分かる)
全国的に卒業生を祝おうという機運が盛り上がった。

Facebook もバーチャル・ライブイベントを開催し、
Oprah Winfrey などのセレブが祝辞を送ったり、
州ごとにアメリカ中の高校と大学の名前が読み上げられ、
写真やビデオなどと一緒に
校長および学長からのメッセージなども披露されたという。

娘の学校もバーチャル卒業式の準備を進めているとは聞いていたが、
自己紹介の写真入りのスライドを作成する宿題が出た以外は
直前まで詳細は不明だった。

5月末になり、
教室に残したままになっている教材類や
アート作品などの引き取り、
借りている図書館の本の返却などの事務的な連絡のなかで
卒業イベントに関する詳細がついに明らかになった。

卒業式の予定だった日に車でのパレードを行い、
前日にはバーチャルでのセレモニーが行われるという。

パレードは、卒業生を乗せた各家庭の車が集合し
学校の周りを列をなして走行するというもので、
6月から屋外での活動に対する規制が少し緩くなったのを見計らって
実施に踏み切ったのだろう。

水性チョークで絵や文字を描くなど車を飾り立て
目一杯オシャレして参加するよう先生から言われ、
しょげていた娘も少し気を取り直したようだった。

さっそくアマゾンで見つけた
レモン柄の夏らしいドレスと水性チョークを購入した。

車から降りることはできないし
みんなと写真を撮ることもないのだろうが、
卒業式に向けてドレスを新調するという普通の行為が
とても特別に感じた。

学校での荷物の引き取りは、車から下車することなく、
トランクに載せておいた返却物と引き取り荷物を
担任の先生と係の保護者が積み替えてくれ、
あっけなく終わった。

もうこの校舎に入ることもないだろう。

家に帰って引き取り荷物を開けてみると、
卒業をアピールする小さな掲示板が入っていた(写真)。
大学の卒業生がかぶっているのをよく見る学帽と
娘の学校のマスコットが描かれ、
“Fifth Grade Congratulations!”(5年生おめでとう!)
とのメッセージが読める。

選挙の際、支持者をアピールするのに使われている掲示板をよく見かけるが、
今年はきっと全国の小中高校の卒業生の家の前に
これが立てられているに違いない。

うちの近所でも、中学、高校各校のロゴ入りの掲示板を
あちこちで見かけた。

これを見ると、みんなが同じ思いで卒業の日を迎えているんだな、と
親の私でも、少し仲間意識みたいなものを感じてしまう。
これがよくいうコミュニティという感覚なのだろう。

同時に、娘が小学校を卒業するんだ、という
嬉しいような切ないような気持ちがふと込み上げてきた。

いや、日本だったら5年生はまだ卒業じゃないんだから
泣いたりしないぞ。。。!

一日中オンラインの私立 vs. 自主学習中心の公立

標準

4月22日からの新学期は
Distance Learning Phase 2(フェーズ2)と名付けられ、
付け焼き刃的だったフェーズ1よりは
学習内容や課題の指示なども少していねいになり、
使うオンライン教材の種類も増えた(写真)。

それでもやっぱり
教師がライブで授業をするというよりは、
動画やオンライン教材を使って自習し、
日々、宿題を提出するというのが基本だ。

週に2回、5〜6人規模に分けられた小グループごとに
30分のミーティング、
週に1回だけクラス全体でのミーティングが
スケジュールされている。

例えば社会科では、アメリカの独立に関わる
ボストン茶会事件”が最近の学習テーマだったが、
学習フローはこんな感じだ。

『アメリカにやってきた移民の立場で、
本国の親戚に手紙を書きなさい』。

『あなただったらイギリス本国側につきますか?
植民地側につきますか?それはなぜですか?』

Google Docs やGoogle Slides に自分のエッセイをまとめ、
グループミーティングでクラスメートのエッセイを見ながら
ディスカッションをし、
先生からフィードバックやアドバイスをもらう。

アメリカ50州の位置と州都の暗記の課題では
テストが実施される予定だったが、
オンラインでのテストは難しく
最終的にはキャンセルとなり娘は喜んでいた。

理科では、人体の器官やそのはたらきについて
各自、工作や詩など、好きなアプローチでまとめ、提出した。

粘土で体内器官の標本を作って写真に撮っている子もいれば、
ていねいな図解をしている子もいる。
うちの子は何かの替え歌を作っていたが、
これが意外と教師にウケたらしく、
実際に歌ってビデオに撮るよう言われたという。

娘の小学校では、5年生になると
子羊の脳を解剖するというのが伝統行事で
娘もかなり楽しみにしていたが、
残念ながらCOVID-19 のおかげでキャンセルになってしまった。

実際の解剖に匹敵するインパクトを期待するのには無理があるが、
子どもたちの想像力と自主性に任せるという意味では
Distance Learning 以前とあまり変わりはない学習環境なのかもしれない。

まあ、こんなものでしょ、と自分に言い聞かせるようにしていた。

が、ある日、同じスイミング・クラブで
私立学校に通っている子の
ママと話をする機会があり、そうも悠長にかまえていられない気になった。

その子の学校では朝8時半から3時まで
通学していた時と同じスケジュールで
全科目、カレンダー通りにきちんとオンラインで授業をしているという。
体育も音楽も図工も、だ。

公立とはえらい違いだ。。。

普段は私立学校なんて選択肢として考えたこともなかったが、
こういう時にはやっぱり差が出るのだ。

学費を払って私立に通わせていたら
確かに週に2-3回、30分のミーティングでは
親としては不満足だろう。

バーチャルクラスになってからの授業料を
一部払い戻せ、という声も
あちこちの私立校で上がっているというから
学校側も必死だ。

一方で、小学生が一日何時間も
コンピュータの前に座りっぱなしで
学習効果はあるのだろうか、との思いもよぎる。

あとから聞くと、
授業を受けながら別のウインドウやデバイスで
ゲームをしている生徒がいて
保護者を巻き込んでの懇談会に発展したということもあったらしい。

教師の対面時間が長ければいいというものでもないし、
理想の学習環境を望めない現在では
きちんとミーティングに出席して
課題を提出しているだけでも御の字、と
割り切るしかないのだろう。

8月からの新学期には
通常(に近い)授業が始まり、
Distance Learning は3ヶ月でおさらば、
という仮定のもとの話だが。。。

Distance Learning Phase 2 は学期終了まで

標準

4月20日
2週間の春休みが終わって、
この日から新学期が始まる予定だった。。。

予定というのも、急遽、20日と21日の2日間は
教職員のDistance Learning の準備に充てられることとなり
子どもたちが実際に学習を始められるのが
22日にずれ込んだからだ。

「2週間も春休みがあったのに
その間に準備できなかったのかしら?」
と、普通なら考えてしまうところだが、
アメリカの教職員に向かってそれは禁句だ。

前にも書いたことがあるが、
アメリカの教職員組合はかなりパワフルで、
職員の労働時間や権利などが
きちんと守られている。

春休みは子どもだけではなく
教職員にとっても休暇であり、
その期間中に仕事をするというのは
前提となっていないのである。

よって、春休み直後に2日間の予備日を設けて
カリキュラムの作成や
テクノロジー研修に当てたようだ。

日本の教職員がこれを知ったら
どんなに羨ましく思うだろうか。

とにかく、そのようなわけで
退屈きわまりない毎日を過ごしている子どもたちの相手を
保護者が2日間余分にしなければならなくなった。

Bad News はそれだけではなかった。

新学期の開始と同時に、
教育委員会から
夏休みまで学校閉鎖を継続するという決定が発表された。

今年度は校舎に戻って勉強をするということは
ないということだ。

アメリカや世界の情勢を見れば予測はついていたというものの
いろんな意味でそのニュースはショックだった。

5年生の娘は今年で小学校を卒業する。
6月には卒業式や卒業プールパーティなどが
すでに予定されていたが、
それが全部おじゃんになる、と娘は泣きそうだった。

小学校でもこれだけ大ごとなのに
高校や大学を卒業する予定の子どもたちにとっては
そのショックは半端ではないだろう。

3月に学校が臨時休校になった時には、
もう2度とクラスメートと机を並べて
勉強することはないなんて思いもしなかっただろう。

どうでもない日常がこんなに貴重に思えるようになるなんて、
今更ながら
“Seize the Day”(今を生きろ)という言葉の重みを
かみしめたくなる思いだ。

一方、この春休みの間に
コンピュータやタブレットなどを所有していない子どもや
ネットアクセスのない家庭に
Chromebook やWiFi hotspot などを無償で配布する体制が整えられるなど、
Distance Learning の環境はおおかた整ったという。

Distance Learning が長期戦となり、
強制的にデジタル・デバイドが縮小される方向にあるのは
パンデミックがもたらした唯一のポジティブな結果かもしれない。

そんな複雑な思いをめぐらせながら
4月22日の朝に届いた
担任教師からの新学期のメールを読んでいた。

これぞ非常事態 “Shelter in Place”の発令

標準

3月14日(土)
娘が通い、私も教員として教えている日本語学校も
この日から急遽、休校が決まった。
基本的には近隣の学区の決定にならう格好だ。
翌週からオンラインでの授業に切り替えるよう講師への依頼も来た。

同時に、娘の水泳チームからも4月3日まで練習の中止の連絡が入った。

連絡がないのは器械体操。
本来、今日は練習の日だが、この状況下、
連れて行くというのはあり得ないだろう。
とりあえず、休ませることにした。

その夕方、学区の教育委員会からメールが届く。
自宅でのオンライン環境に関する至急のアンケートだ。
インターネット・アクセスがあるか、
アクセスに使うデバイスの種類などについての簡単な質問だ。

生徒全員が授業を受けられる環境を作る必要があるからだろう。
というより、オンライン授業を前提に、
ネット環境のない家庭の生徒への対応を考えるためのものだろう。

とはいえ、コンピューターがなくてもスマホを持っていない家庭は
ほぼ皆無だろうから、オンラインでの実施はほぼ確実か。

3月16日(月)
サンフランシスコ・エリア一帯に
“Shelter in Place”(屋内退避=外出禁止令)が発令された。
その日の深夜から4月7日まで、『生活に欠かせないサービス』以外は
すべてクローズするように、また、『不要不急のケース』以外は
外出そのものを禁止とするというかなり厳格なものだ。

『生活に欠かせないサービス』や『不要不急のケース』についても
解釈にばらつきがないよう具体例まで明示されている。

『生活に欠かせないサービス』:
食料品店、病院、薬局、銀行、電気などのインフラサービス、
レストラン(テイクアウトのみ)、行政機関、など

『不要不急のケース』:
食料品の買い出し、通院(緊急のもののみ)、など

よく見ると、これに違反した者は罰金または禁錮などの
罰則を科すとある。

長〜い春休みと思って、娘を友達と遊ばせる予定をいくつか入れていたが
どう考えてもプレイデートは不要不急のケースには当たりそうもない。。。
即刻、ママ友に連絡を入れ、プレイデートは無期延期に。

いつもは渋滞のひどい近隣の高速道路がガラガラなのを見ると、
これを期にほとんどのビジネスも
一斉にリモートワークにスイッチしたようだ。

戦争でもテロでもないのに、たった4日間で
外出もままならない状態に陥るなんてまだ少し現実感がない。

でも、しばらくの間、子どもだけならまだしもダンナも(私も)一緒に一家で軟禁状態、
長い”Shelter in Place”となりそうなのは確かなようだ。

この日、器械体操からも、4月7日までクローズとのメールが届く。

人ごとじゃなくなったCOVID-19

標準

読者の皆様、ご無沙汰しています。

しばらくこのblog から遠ざかっていましたが、
コロナウイルスという感染病が世界を脅かし始め、
私たちの生活が一変しました。

今だけではなく、今後の世界の常識を大きく変えるかもしれない
この変化を記録に残しておくため、急遽、blog を再開しようと思います。

3月12日(木)
翌金曜日は、教員の研修でもともと学校は休みの予定だったが、
娘は学校から帰ってくるなり、
「家で勉強することになるかもしれないから、
必要なものは持って帰りなさいっていわれた」と言う。

そしてその夜、11時過ぎに学区の教育委員長からメールが届いた。

『コロナウイルス(COVID-19)の拡散防止のため、
明日以降、4月3日まで、学区内の小中学校(*高校は別管轄)は
臨時休校とします。
その後、予定通り春休みに入り、4月17日までは
生徒は自宅待機となります』。

来週になってもそのまま学校には戻れないんだろうな、
という予感はなくはなかったが、それが現実となった。

日本全国の学校が3月頭から休校になったことは聞いていたが、
「学年末だからカリキュラム的にはあまり影響なさそうだね」とか
「期末試験なくなってラッキーだよ」とか
「でも卒業式がなくなるのはかわいそうだよね」などと
人ごとのように思っていた。

でも、その後、カリフォルニア州内でも感染者がポツポツと出始め、
教育委員会や学校からも
校内に消毒液や除菌用ウエットティッシュを余分に設置するなど、
日々、注意喚起や現状共有のメールは来ていた。

やっぱりね。。。

メールには、春休みまでの授業について、
『翌木曜日(19日)からのDistance Learning(在宅学習)の
開始を視野に入れ、目下、準備中』とある。

4年生ぐらいから、Google Classroom などを使って
リサーチやエッセイの提出をオンラインでやっているようだったので
オンラインでの学習自体はまったく初めてではないが、
全教科、全生徒に導入となると勝手が違う。

きっと、この週末、教員や教育委員会の職員は
不眠不休で準備をしているんだろうな、と思うと
「あー、子どもが一日中うちにいるなんて大変!」
なんて文句を言っては申し訳ない気がした。

この日を境に、COVID-19 の影響は日々深刻になっていく。。。