タグ別アーカイブ: アクティビティ

バスケットボールも始めて土曜日はおケイコごとが3つに!

標準

4年生進級と同時に、
娘は新しいアクティビティを始めることになった。
バスケットボールだ。

夏休みの終わりに家族で参加した
娘の日本語学校のお友達数家族とのキャンプで
勧誘されたのがきっかけだった。

「Kちゃん(娘の名前)、バスケットボール興味ない?
今度4年生よね?
うちの子がやってるJYOっていうチームが
4年生の日系人の女の子を探してるのよ」。

(え、日系?日本関連のアクティビティは
日本語学校だけでじゅうぶんなんですけど。。。)

「体育会系のノリでもないし、
学校外のお友達がたくさんできてうちの子も楽しいって」。

(でも、平日は水泳があるし、土曜日はすでに日本語学校と
器械体操で埋まってるし、現実的に無理。。。)

あり得ない話と決めてかかっている私を尻目に
ダンナがいろいろ質問を始めた。

「へえ、日系のチームなんてあるんだ。
実は、いいチームがないかと思って
探してはいたんだけど、この辺りは
男女混合チームぐらいしか見つからなかったんだよね。
一度、トライアルとか参加できるかな?」

実は、ダンナは中学・高校でバスケットボールをやっていて
機会があれば娘にも、と思っていたらしい。

週末の計画なんて立てたこともないダンナだが、
それからしばらくたった土曜日、
娘を連れてトライアルに出かけたと思ったら
チームに入ることを決めたと言って帰ってきた。

「まだバスケを始めて1ー2年ぐらいの子ばかりだし、
コーチもチームの子の親だから
和やかな雰囲気で楽しくできそうだよ」と言う。

「え、でも練習のスケジュールは?」

「土曜日の午後だって。午後なら空いてるよね」。

「空いてるといえば空いてるけど、本人もやりたいって?」

「うん。チームの子とも相性が良さそうだったよ」。

「送り迎えはしてくれるんだよね?」

「もちろん。僕もコーチやらせてもらおうと思ってね」。

こうしてこの一年間、
土曜日は3つのアクティビティをはしごする羽目になった。

あとで分かったのだが、
JYOとはJapan Youth Organization の略で、
戦後、アメリカ人に混じって
スポーツをすることが難しかった日系人の若者のためにできた組織らしい。

体格的にも小柄な日系人は
チームに入っても選手になれないことが多いという現実もあり、
そのような選手にとっての活躍の場にもなっているという。

わざわざアメリカで日系チームに入らなくても、、、という思いは
私の中にはまだ少し残っていたが、
パパと娘の絆を深めてもらう機会ということで、まあ、よしとしよう。

祝初舞台!Beauty and the Beastのミュージカル(美女と野獣1)

標準

IMG_4423

11月から練習が始まった
課外活動のミュージカル”Beauty and the Beast”
娘は週に3回、放課後の練習に欠かさず参加してきたが
いよいよ先週末が本番だった。

結局、直前に怖気づき
主役のベルのオーディションは受けることなく、
『その他大勢の村人』と
森の中でベルたちを襲う『狼たち』の役となった娘だが、
そんなことを気にする風もなく
練習の後は毎回、意気揚々と帰ってきた。

「ガストン(野獣とベルを取り合うことになる
村のハンサムボーイ)の役をやるL君って
ハンサムなんだよ」

「ガストンは筋肉隆々じゃないといけないから
衣装の胸とか腕のあたりが膨らんでいる衣装なんだよ」

「戦うシーンでは、ガストンが野獣の
お尻をキックするんだよ。笑える!」

など、ガストンの役に選ばれた
お気に入りのL君の話ばかり聞かされていたが、
ちゃんと練習はしていたようで
3月に入った頃には自分の役だけでなく
全ストーリーの歌と踊りをほとんど覚えてしまっているようだった。

最終週は、金〜日曜日の本番に向けて
会場となる市内の中学校の体育館で
月〜木曜まで毎日リハーサルが行われた。

「病気でも学校を休んでも、死んでない限りリハーサルを休んじゃいけないんだって」
と、インストラクターの脅しを真に受けている。

「衣装の下に着る黒いシャツとレギンス、
靴下とバレーシューズは絶対、真っ黒じゃないといけないんだよ。
グレーとか模様が入ってるのはダメだからね」。

親の言うこともこのぐらい聞いてくれるといいのだけど。

それでも、前日の夜は急に不安になったのか
涙目でこう言ってきた。

「リハーサルで狼の衣装に着替えるとき、
着替えが間に合わなくて舞台に上がれなかったの。
本番で間に合わないと困るから着替えを手伝って」。

あんなに楽しそうにしていたのに
やっぱり直前になると少しは緊張するらしい。
これもいい経験。

「大丈夫。ディレクターにちゃんと言って
手伝わせてもらえるようにするね」。

そして、初日の金曜日。
5時半に会場入りすると、
控え室(中学校の運動部員の更衣室らしい)で
役者たちが着替えたり化粧をしたりしている。

「これから最終リハーサルをします。
子どもたちの気が散るので親は会場から出て行ってください」。

なんだ、ちょっと拍子抜け。
リハーサルの様子を観察できると思ったのに。

近所にあったStarbucks でダンナと時間をつぶして
開演時間に会場に戻るとかなりの観客で混雑していた。

そして7時。
オープニングの音楽が鳴り始めた。

一年生ぐらいなら、普段はもうすぐベッドタイムという子どももいるだろし、
こんな時間から始まるミュージカルに出演するというだけでも
『うちの子も大きくなったなあ』と
妙に感慨深い。

幕が開くと、そこは村人たちが集うシーン。

ちゃんと腕を組むポーズをとって微動だにせずに立っている娘がいた。
まだ始まったばかりだというのに
なんだかもう胸がいっぱいになってきた。
次回へ続く

ミュージカル「Beauty and the Beast」の課外活動に申込殺到

標準

photo 2

11月の終わり頃、学校からの毎週送られてくるニュースレターに
12月から始まるミュージカルの課外活動の参加者募集の記事があった。
1-5年生(小学校は5年生まで)が参加できると書いてある。

去年(演目:Dear Edwina)も
一昨年(演目:Willy Wonka and Chocolate Factory)
発表会は見に行ったのだが、
1年生になった今年はようやくキャストとしての参加できるのだ。

去年までは
「練習するのはいいけど、みんなの前で発表するのはヤダ」
と言っていた娘だが、
今年の演目が『Beauty and the Beast(美女と野獣)』と聞いて
「私もやりたい!」
とやる気になっている。

申込開始日の当日。

いつものように娘を送って学校へ行くと、
たまたまアフタースクールの事務をやっている
娘の同級生のママに会った。

「ミュージカル、申し込む?」

「あとで電話申込するつもり」

「今すぐ事務局まで行って並んだ方がいいわよ。
今年の演目は人気がありそうだから」

「あ、ミュージカルってそんなに人気があるの?」

「去年はそうでもなかったけど、Willy Wonkaの時はすごかったわよ。
9時の受付開始と同時に定員がすぐ埋まっちゃったから」

「じゃ、電話が通じないってこともあるのね」

「そうそう、並んだ人優先だから、今すぐ行った方がいいわよ」

受付をしている彼女が言うのだから間違いない。
電話なんて悠長なことは言ってられないようだ。

なんだか、毎年のアフタースクールの申込みたいだな、
と思いながらも事務局まで行ってみた。

まだ8時半になっていなかったが
2人が並んでいた。

よかった!
これならスポットを確保できそうだ。

15分ほどして、さっきの受付のママがやってきた。

「せっかく並んでくれてるんだから、
まだ9時になってないけど受付してあげるわ」
と言って事務所の鍵を開けてくれた。

こうして無事に先着50名の中に入ることができた。
たまたま今朝、彼女と話をしてよかった。
なんてラッキー!

それから3週間。
毎週月、火、木曜の放課後、
学校に残って2時間半の練習が行われている。

とりあえず一度はやらせてみよう、と思うのはどの親も同じらしく、
練習初日の夕方、迎えに行くと
娘の友達のほとんど参加していた。

一年生の比率が圧倒的に高そうだが、
去年や一昨年、主役や大きな役をやった馴染みの子どもたちの顔も見える。

「ベル(美女=主役)の競争率は高そうだよ。
一年生だって上手だったらベルになれるかもしれないんだって」
と興奮気味の娘。

「まあ、主役をねらわなくても
村人とかティーポットとか、最悪、木とかでもいいんじゃない?
出れるだけですごいよ」
と、現実的なところに期待値を下げさせておく。

楽譜も歌詞もちゃんと読めない娘だが、
練習中に教わって、それなりに覚えて帰ってくる。

来週のオーディションで
教わった歌とダンスを披露して、配役が決まる。

上演は3月。

『役はともかく、
これで人前で何かを演じたりすることの楽しさを覚えてくれれば』
という気持ちと、
『私も小さい頃にこんな機会があったらよかったな』
とうらやましく思う気持ちで
楽しそうに練習に励む娘を見守っている。