タグ別アーカイブ: 幼稚園留学

一か月間の日本の幼稚園体験の始まり!

標準

photo

今年も、娘は実家近くの公立幼稚園へ
短期入園させてもらえることになりました。

昨年に続き2回目(参照:「じゃ、明日からってことで」プチ留学開始
ということもあり、手続きは驚くほど簡単。
園長先生へのごあいさつや書類の提出
(実家住所や連絡先程度の記載)などは
私たちが帰る以前に
実家の母に済ませておいてもらいました。

6月、7月の2か月に渡るので
保育料は7,500円x2か月分。
それでもこの安さは本当に感動ものです。

事前に伝えられていた持ち物
(お弁当、水筒、歯ブラシ、上靴、
手提げ袋、バックパックなど)は
去年と同じ。

プールへ入るため、地元の薬剤師会を通して
ギョウチュウ検査を済ませるのも
去年と同じ。

勝手知ったる、とはこのこと、
まるで普段からそこに通っているかのように
親子二人で徒歩登園した初日。

先生方やお友達も娘のことを覚えていてくれて
「あ、xxちゃんだ。おはよう!」
「xxちゃん、今日からだよね。待ってたよ」
と声をかけてくれます。

時差のせいか、朝5時には起きて
「早く幼稚園行こうよ」
と待ちきれない様子だった娘は、
あちこちから声をかけられて少し恥ずかしそう。

園長先生にあいさつに行くと、
「うちの孫のお古を持って来ておいたから使って」
と、園の統一バックパックと園帽、
防災ずきんの入った紙袋を
手渡してくれました。

相変わらずのカジュアルな対応と
その中に感じられる気遣いに
頭が下がります。

「プールに入れるように
ギョウチュウ検査を早くやってくださいね。
この国の生活レベルを考えると
もう必要のない検査だという声もあるんですが、
今年はまだ実施することになっているので」。

ほんと、この検査だけは
ちょっと時代錯誤的な気もしますが、
こういうことを変えていくのには
やっぱり時間がかかるんだな、と
妙なところに日本らしさを垣間見たりしています。

ちなみに、娘は無事、検査をパス、
その翌日からプールバッグも
持ち物に加わりました。

帰国して休む間もなく
すぐに幼稚園に通い始めた娘ですが、
疲れを見せるどころか
毎日、意気揚々と通っています。

七夕を目の前に、毎日、
飾り作りや歌の練習などに忙しそう。

また去年みたいに楽しい思い出が
いっぱいできるといいね!

「じゃ、明日からってことで」プチ留学開始

標準

IMG_1323

日本に戻ってきました。
翌日、さっそく実家から歩いて5分のところにある
幼稚園に娘と一緒に入園の手続きに訪れました。

職員室へ案内され、まず聞かれたのは
「どうします?いつからにしますか?」

「時差の関係で朝すごく早く起きてしまうんですが
外に遊びに行きたくて仕方ないらしいので
できればなる早で」
「うちは、明日からでもいいですけど」
「じゃあ、明日でもいいですか?」

というわけで、さっそく受け入れていただけることになりました。

市立幼稚園のため、許可を取ったり
書類などの手続きが面倒なのではないかと思いきや、
あまりにも簡単で少し拍子抜け。

「親戚の方が市内にきちんと居住地を定めていらっしゃって
定員に余裕があれば基本OKなんですよ。
これまでにも年少さんから3年間、
毎年夏に体験入園された方がいらっしゃいました」

アメリカだとこうは行かないでしょう。
公立の場合は、親戚が住んでるくらいじゃ
到底受け入れてもらえないだろうし、
そもそも子供を預かる場合には
ケガや病気などの責任問題も面倒なので
かなり細かいことを聞かれます。

・予防接種の履歴(医師の署名入り)
・かかりつけの医師の連絡先と既往症
・アレルギーの有無
・緊急の連絡先(両親以外に2-3人)

などは定番ですが、これでは海外からの
体験入園(プチ留学)などは事実上、難しいのではないかと思います。

とにかく訴訟の起こりやすい社会ですから
子供のケアなどについては細心の注意(過失とならないための)
が払われていることがもっとも大きな理由でしょう。

そういう意味では、私の両親が市内に居住している
ということがすべての担保になり、また
「じゃあ、明日からで」というご近所さん感覚が通用する
日本社会は、まだまだ昔ながらの『性善説』をベースに
成り立っているのだな、と改めて思いました。

上履き、図画工作袋、お弁当袋、バックパックなど
決まった持ち物がありますが、
「うちの孫が使っていたバックパックを貸してあげましょう」
とまで言ってくださり、本当にアットホームな感じです。

「お天気が良ければ毎日プールに入りますから
ギョウチュウ検査をお願いします」。

へえ、まだそんな検査やってるんだなあ。

覗いてみると、8m/15mぐらいの立派なプール。

娘も、さっそく運動場でブランコに乗ったり
プールや教室を覗いては、仲間に入りたそう。
新しいお友達と楽しい思い出が作れそうです。