タグ別アーカイブ: 新学期

4年生に進級。担任は学校でただ一人の男性教師

標準

8月14日、新学期が始まった。

これまでは、新学期が始まる前日に
校内の掲示板に新クラスが貼り出され、
それを見るためにわざわざ学校まで出かけていたのだが、
今年は、数日前に学校からハガキが送られてきた。

クラスメートに誰がいるかは当日までわからないが
担任だけは明らかになった。

「やった!Mr. XX だ!」
娘は喜んでいる。

おお、初めての男の先生だ。
もう4年生だから、少しは厳しめの男の先生もいいかも。

そして新学期の初日。

毎年のことだが、子どもたちは
校舎の外に立っている先生たちの中から
自分の担任を探し、その前に並ぶ。
始業のベルがなると
担任を先頭に全員がぞろぞろと校舎の中に入っていく。
教室には生徒以外『進入禁止』だ。

これもいつものことだが、
担任と少しでも話ができるかも、と
期待してついてきた親は
少し肩透かしを食らった気分で学校を後にするのである。

始業式や終業式などセレモニーだらけの日本で育った私も
このあっけなさにまだ慣れないところがある。

帰ってきた娘から聞くと、
・4年生のクラスサイズはこれまでの24人から一気に30人に
・Mr. XX はどうも鳥オタクらしい
・Mr. XX はどうも日本のことが好きらしい
・Mr. XX は、教師になる前は近郊にあるおなじみの博物館や動物園などで
 学芸員をしていた
ということが分かった。

4年生のハイライトは何といっても
学年の終わりごろに予定されている2泊3日の校外学習だ。

ゴールドラッシュ当時の人々の生活や
金鉱探しの実体験が目的だが、
学芸員だったMr. XX と一緒ならより奥の深い体験ができそうだ、
と期待が高まる。

数人のベストフレンドとも同じクラスになれて
娘はとにかくご満悦だ。

後から分かったのだが、
去年までもう一人いた男性教師がいなくなり、
今年はMr. XX が学校中で唯一の男性教師となったらしい。

小学校の教員は圧倒的に女性が多いのが普通ではあるが、
学校でたった一人となると
その男性教師が担任というだけで意味もなく幸運な気がするのは
私だけだろうか。

男性教師が優秀だからとか厳しいから、という意味ではなく、
娘にとって、男性権威者(authority figure)とうまく付き合う術を
学ぶのは早いに越したことはないからだ。

また、母親のような一面も併せ持つ女性教師と比べて
子どもたちの自立心が高まるような指導が中心となるだろう。

夏休みに親離れが始まった娘の自立心が
いっそう高まる一年になりそうだ。

「え?担任が二人?」ー3年生の新学期

標準

8月15日、新学期が始まった。
娘は3年生になったが、TK(Transitional Kindergarten)、
K(Kindergarten)、1-2年生を終えて
この学校に通うのもなんと5年目になる。

この辺りでは6年生から中学校に行くので
小学校も今年を入れてあと3年。。。
早いものだ。

毎年恒例のクラス発表を
前日に学校に見に行くと
娘のクラスは担任の先生がなんと2人もいる。

2人の先生が担任となっているクラスは
これまでの学年でも何度かあったが
娘がそのクラスになったのは初めてだ。

「うまく業務分担できる相手を自分で見つけられれば
パートタイムで担任を持つことも可能なんだって」
と誰かが言っていたが、
そんな勤務形態も許されるなんて
さすがいろんな働き方が認められているアメリカらしい、と
労働者の立場としては前向きに評価したい一方で、
親の立場からすると
「そんなのでちゃんと担任が務まるの?」
という漠然とした不安もよぎる。

登校初日、娘を送って行くと
先生たちが外に出ていて、その前にクラス別に子どもたちが並んでいる。

始業式も何もないので
ベルが鳴ると子どもたちは先生に引率されて
そのままゾロゾロと教室に入って行き、
保護者たちは手を振りながら見送るだけだ。

相変わらず新学期だからといってなんの特別感もない。
担任の先生の顔は分かったが、素性は分からないままだ。

その日、娘は先生2人からもらったというギフトバッグ(写真)を
持って帰ってきた。

「3年生へようこそ!
たくさんのことを学ぶ一年にしましょうね」
というメッセージの後に、二人の担任の名前が書かれている。

袋の中には、
PTAから全校生徒に毎年配られるスクールTシャツと
先生が用意してくれたと思われる小袋に入ったキャンディが
入っていた。

わざわざこんな演出をしてくれるぐらいだから
とても熱心な先生で、二人の息もあっているのだろう、
と少し安心したが、
二週間後に行われたBack to School Night
(先生と保護者が教室に集まる初めての懇談会)で
それは確信と大きな期待に変わった。

F 先生はなんと今年が教師50周年目の70代の女性。
PCでプレゼンテーションを操りながら
大声で豪快に話す。

「K 先生とのコンビは5年目になりますが
私たちはもう親友といってもいいぐらい。
基本は、毎日交互に担当しますが、
一日2ー3回は電話で連絡を取り合っているので
クラスで起こったことはすべて共有できています。ご心配なく」。

「もう毎日の連絡帳はご覧になりましたか?
毎週月曜日の欄に小さな英語の詩(ポエム)の紙が貼られているのに
気がついてますか?
詩は、いろんなことを学ぶのにとても役立つのです。
Facts fade, songs stay.
(事実を暗記しても忘れちゃうけどは歌は忘れませんからね)」。

「今年は、足し算、引き算、掛け算、割り算を徹底的にやります。
私の主人はスタンフォード大学の物理学の教授ですが
彼がいつも私にこう言っています。
『これが確実に早くできるようにならないと
この先の数学には手も足も出ないぞ』。
私が教師を始めた頃から使っている、この計算カード、
今の時代でもこれがやっぱり活躍するんです
(と言って、四則演算が書かれ、答えの部分に穴が空いている
厚紙でできたボロボロになった計算カードを見せてくれた)。
家でも、どんな方法でもいいので暗算を鍛えてやってください」。

「私はこんな感じで、細かいことは苦手なんですが、
そこはK 先生がいてくれますから大丈夫。
この教室の展示を見てください。素晴らしいでしょ。
彼女、こういうのがとっても上手なんですよ」。

うちの母と同じぐらいの年齢なんだろうけど
比較にならないぐらい元気だ。
(定年退職という概念はアメリカにはそもそもないが)リタイヤもせず
未だに教職を続けているのは
教育に情熱があるからなんだ、と一目でわかる。

そんな先生(たち)が担任なら
2人だって3人だってかまわない。

今年も大船に乗った気分でいられそうだ。
ダンナと二人、よかったね、とうなずき合った。

8月12日、新しいバックパックで新学期

標準

IMG_3727

まだ8月も半ばというのに
娘の学校の新学期が始まった。

近隣の自治体では
8月末〜9月始まりのところが圧倒的に多いのだが、
私たちの住むエリアでは今年度からカレンダーが変更になり、
夏休みが短くなった。

その代わり10月半ばに2週間の秋休みが新設され、
秋休み、年末年始、春休みが約2週間ずつ、
夏休みが2ヶ月という年間カレンダーとなる。

アメリカの夏休みが長いのは知られているが、
「家にいてもダラダラするし
チャイルドケアに預けるとお金がかかるし、長すぎて大変。。。」
というのが保護者の本音のようだった。

なので、夏休み短縮&秋休みについては歓迎の声が多い。

さて、前置きが長くなったが、
本題は、アメリカの小学校入学についてだ。

うちの娘は今年から新一年生だが、
そもそも「今日から小学校に上がる」という感覚がない。

第一に、アメリカでは一年生の前に
キンダーガーテン(Kindergarten)という
小学校準備の学年(日本での幼稚園・年長にあたる)があり、
進級する小学校に併設されている。

さらに、うちの娘などは
その前にTK(Transitional Kindergarten)にも一年通った。
キンダーガーテンへの進級基準の誕生日が変わったため、
移行措置として設けられた特別な学年である。

そんなわけで、娘が今の小学校に通うのは今年で三年目。
新入生どころかかなり古株のような気分なのだ。

だから、一年生から小学校に進級、という感覚自体がないし、
入学式などというセレモニーもない。

桜の舞い散る中、両親、ときにはおじいちゃん、おばあちゃんもそろって
入学式で「うちのxxちゃんがこんなに大きくなって」と涙するような
日本の感動的なイメージとは似ても似つかない。

小学生になるからといって
新しく必要になる持ち物や備品などもいっさいない
(少なくとも事前にそのような連絡はまったくなかった)。

ランドセルなどは存在せず、バックパックでOK。

教科書は学校からの貸与が普通だそうで、
各自で購入することはない
(一年生が教科書を使うかどうかはまだ不明)。

ノートや鉛筆なども
低学年のうちは学校側で用意したモノを使い、
自分のものを持っていく必要はない。

体操服もない。
着の身着のままで体育をする。

お道具箱なんてもちろんナシ。
図画工作に必要なモノも全部学校もちだ。

だから、初日にはバックパックにお弁当だけ入れれば準備完了。
(給食がないからこれだけは必要)。

ランドセルから上ばき、消しゴムまで
全部そろえなくてはいけない日本とは大違い。
ここまでシンプルにできるのかと感心してしまうぐらいだ。

その代わりと言ってはなんだが、
新学期に必ずといっていいほど新調するものがある。

バックパック、初日に来ていく服と靴だ。

ランドセルほど長持ちするとは思わなかったが
壊れるまでは買い換えの必要がないと思っていたら、
「バックパッック、いつ買うの?」
とダンナに聞かれた。

「去年のがまだ使えるじゃん」
と言ったら、
「そりゃダメだよ。
新学期には新しいバックパッックで登校するのが
暗黙のルールなんだから」
と言われた。

服と靴もそうだ。

一年生はもちろん、二年生以上になっても
初日はピカピカで登校するのがアメリカ流らしい。

だから、8月にもなると
Back to school sale と銘打って
バックパックをはじめとするスクールグッズのセールが
あちこちで始まるのだ。

そこでうちも、前の週のうちに
娘を連れてバックパックのショッピングへ出かけ、
モーションセンサーでピカピカ光るという
流行りのバックパックを購入。

当日は、下ろしたての服と靴とバックパックで
ピカピカの一年生ができあがった。

通学三年目ともなれば、新しいクラスの半分ぐらいも顔見知り。
TKやキンダーガーテンの子どもたちを見て
「かわいい〜」
と、余裕綽々だ。

学校に慣れているとはいっても
これまでは遊びのようなもの。
これから始まる本格的な勉強についていけるだろうか、
というのが親の本当の気持ちだろう。

19日に行われるBack to school night で
学習内容やその進め方、担任のポリシーなどが明らかになる。

そこで、『娘は小学生になったんだなあ』と
少し遅れて実感することになるのかもしれない。

このブログのタイトルも
〜娘はアメリカの幼稚園生〜から
〜娘はアメリカの小学生〜に
変えるときがきたようだ。

あっけないKindergarten の新学期

標準

IMG_5234

水曜日はいよいよ新学期のはじまり。
娘ももうすぐ6歳、Kindergarten に進級だ。

朝8時、学校に行くと
子どもたちとその親で校庭は大にぎわい。
うちも例にもれず、だが、
最初の日は両親ともどもで
かけつける家庭もたくさん。

とはいえ、うちはこの学校に通うのも2年目とあって、
久しぶりに会うTKからのお友達とふざけたり
夏休みの話をしたり、
親子ともかなり余裕の雰囲気。

実は、前日の『Welcome Back』イベントも、
お友達と遊ぶ約束を優先、
うちは参加しなかった。

新しいクラスのリストは、
イベントに参加したママ友達が
写真を撮って送ってくれていたので
担任の先生の顔と名前やクラスメートに
誰がいるかも分かっていた。

幸い、TKのクラスで
一番仲のよかったお友達と
また同じクラスになった娘。

おかげで、Kindergarten に進級という一大事も
心配無用、スムーズな出だしとなりそう。

8時を少し過ぎた頃、
担任の先生が登場した。
30−40代の経験のありそうな女性の先生。

どんな人かについてはあまり情報がないが、
娘が言っていた
『Kindergarten にいる優しい先生と意地悪な先生』
のうちの意地悪な先生でないことを期待。

親の顔を確認しながら
一人一人に書類が入った袋を配り終わると
先生はあっさりとこう言った。

「では、Kindergarten の子どもたちは
ここに一列に並んでパパとママにさようならをしましょう」。

え、親も教室まで一緒に行くんじゃないんだ。

去年のTKでは、
確か、教室まで親も同行し、
教室や教材のお披露目があったが、
Kindergarten になるとやっぱり違うのね。

私たちは2年目だからまだいいけど、
今年初めて、という親御さんには
拍子抜けだろう。
あまりにもあっけない。

子どもたちはあっという間に
先生に連れられて教室へ入っていってしまった。

来週には
教室で担任の先生と保護者の懇談会が
予定されているので、
それまでのお楽しみにってことにするか。

新学期直前のPlay Date at School

標準

夏休み最後の週末、
今年から同じ学校のKindergarten に進級する
子どもたちを集めて
プレイデート(時間と場所を決めて子どもを遊ばせること)があった。

どこでメールアドレスを入手したのか
主催者のママから同級生当てに
一斉メールが届いたのだ。

うちは、去年TK(transitional kindergarten)で
すでに1年間お世話になっている学校だが、
ほとんどの子どもたちは
この夏プリスクールを卒園して
Kに進級してくる。

そんな親子にとっては
Kindergarten 進級は一大事なのだ。

カリフォルニアでは、6歳になると
小学校への進学準備期間となる
Kindergarten に入学させることになっていて、
年齢的には日本の年長さんなのに
もう小学生になったようなものだからだ。

「子どもよりも私の気持ちの準備ができてなくて」
なんて言っているママも珍しくない。

『私のかわいいベイビーが
もうKindergarten に通うなんて。。。』

私も去年、そんな気持ちになったものだ。

だから新学期の前に、一度、
子ども同士、親同士の顔ぶれを見ておきたい
というのもよく分かる。

学校に行くと、TKで一緒に過ごした
お友達とそのママたちの顔もちらほら。
彼女たちから新情報も手に入れた。

TKのクラスから同じ学校のKに進級しない子が
3人いるらしい。

一人は、お父さんの転職で
夏休み中にLA近辺に引っ越していったらしい。

もう一人は、お兄ちゃんと同じ学校に通わせるため
居住区の学校に戻ってった。
(TKは、全小学校に設置されているわけではないので)

さらにもう一人は、お姉ちゃんが
GATE(Gifted and Talented Education)プログラム
行くことになったため、
妹の彼女もそのプログラムが併設されている学校に
転校することになったのだとか。

TKのクラスメートたちにとっては
勝手知ったる、の小学校。
普段は、TK・K学年用のエリアでしか遊ばせてもらえない校庭を
端から端まで走り回って、
初めての子どもたちに比べて
ちょっと余裕があるように見える。

ちなみに、当初、5クラスの予定だったKの学年は
最終的に4クラスとなったらしい。
思ったより入学者が少なかったんだとか。

じゃあ、その中に転校扱いで入れてもらえたうちの娘は
やっぱりラッキーだったのだ。

新学期前日の火曜日の夕方には
新しいクラスと担任のリストが
校内に貼り出される
ことになっているけど、
初めての去年に比べたら
リラックスして初日を迎えることができそうだ。