タグ別アーカイブ: 日本語教育

娘の日本語学校でママが先生になりました

標準

土曜日の忙しいアクティビティスケジュールについては
先日書いたばかりだが、
今年度から娘だけではなく
私も忙しい土曜日を過ごすことになった。

娘の通う日本語学校で教えることになったのだ。

授業の後、月に一度、オプションの書道クラスがあり、
私も娘と一緒に何度か参加していた。

日本語のクラスも受け持つその書道の先生が
「まだ内緒なんだけど、今年いっぱいで引退を考えてるの。
私の後、クラスを引き継いでくれないかしら?」
と、唐突に打診してきたのである。
2017年の秋ごろのことだ。

「あなた、ハキハキしてるし
きっと上手に教えられると思うの。
ちょっと考えてみて」。

もうお孫さんがその日本語学校に通っているというその先生は
家族の事情や体力的な問題から
そろそろ引退したいのだという。

まったく考えたことのないオプションだったが
直感は「やってみてもいいかな」、だった。

日本からの駐在家庭のお子さんやお母さんに
英語を教えた経験もあり、
言語教育については人一倍、関心はある。
日本語と英語という違いはあるが、
そこは少しずつ学んでいくしかない。

実際、日本語補習校
(日本の文科省や外務省の息のかかった
日本の学校のカリキュラムに沿った授業を行う学校)
をはじめとする近隣の日本語学校でも、
日本語教授法の資格を持っているなどという
教員はほとんどいないようで、
要はやる気の問題なのである。

2018年の春ごろに
「考えてくれた?やってくれるのよね?」
と聞かれた時、私は
「やってみます」
と答えた。

そのあと、学園長との面談や
模擬レッスンプランの提出などの
スクリーニングを経て、
無事(?)、採用が決まった。

この日本語学校は、
仏教会の建物を借りて運営している非営利団体で、
2019年に100周年を迎えるという
歴史のある学校だ。
教師は皆、お子さんが学校に通っているか
前に通っていたというお母さんばかり。

娘は、私が他の子どもたちをかまうことに
ちょっとヤキモチを焼いていたが、
しばらくすればそれもおさまるだろう。

夏休み中に担任クラスが決まった。

ひらがなクラスを終えたばかりの
2年目(小学校1年生ぐらい)の子どもたちと、
保護者が日本語を話さないため
ひらがな、カタカナもそこそこ、
ボキャブラリーが圧倒的に少ないという
3年目〜(小学校2年生〜6年生)の子どもたちの
2クラスだ。

こうして9月から
土曜日の朝は私も娘と一緒に
日本語学校に登校することになったのである。

「また来年、来るからね」と約束してクラスメートとお別れ

標準

体験入学、2日目以降も
娘は意気揚々と学校に出かけて行った。

私も教室まで一緒について行くのだが、
私たちを見つけるなりお友達が
いつも元気に声をかけてくれるし、
一週間を過ぎた頃には
「学校が終わった後、一緒に遊んでもいい?」
などという誘いもかかるようになった。

友人の担任の先生からも、
「分からないことがあると机まで質問に来るし、
授業中に手を挙げて答えたりもしてるよ。
休み時間も私がはたらきかけなくても
みんなとどんどん遊びに行ってるし、
すっかり馴染んじゃったみたいね」
と、嬉しい報告があった。

一年生の漢字もマスターしていない娘には
書き取りの宿題も一年生レベルのものを出してくれたり、
何週間かかけて取り組んでいた図工の版画では
みんなに追いつくように
家で下絵を作る素材を持たせてくれたり、
彼女の気配りのおかげで
娘も大船に乗った気分になれたのだろう。

娘も毎日のように
学校での出来事を興奮気味に話してくれる。

「今日の給食はなんかのお魚だった。
デザートにはゼリーも出たんだよ。
ちょっと酸っぱいサラダは残しちゃったけど
あとは全部おいしかった」。

「休み時間、いつもはみんなでタイヤ跳びするんだけど
今日は先生も一緒にドッジボールやったよ」。

「プールの時、いつもはみんな地獄シャワーって言ってるけど
今日は暑かったから地獄じゃなかった」。

「来週は給食当番やらせてもらえるんだって。
楽しみだな」。

クラスのお友達から
お母さんの連絡先をもらって
プレイデートも2回ほどできた。

こうしてあっという間に3週間が過ぎ、
体験入学最終日となった。

その日、迎えに行くと、
娘はみんなが書いてくれたメッセージと似顔絵を綴じた
画用紙大の作品集(写真)、
みんなと一緒に完成させることができた版画や
習字の作品をきれいに台紙に貼ったものなど
思い出の品々を両手にいっぱい抱えていた。

「また来年も来るでしょ?」
というみんなの問いかけに娘は
「うん、来るよ」
と、迷うことなく返事をしていた。

「もうみんなに会えなくなるなんて寂しい」
と、夜になるとメソメソしていた娘だが
それほど楽しかったということなのだろう。

あきらめるどころか、来年以降も体験入学は
続けられそうだ。

みんなに数週間遅れて植えたホウセンカの鉢を持ち帰り
実家の庭に植え替えながら、
同級生のクラスに入れてもらえることになった偶然や
純粋な気持ちで受け入れてくれたクラスメート、
手間を厭わずに居心地の良い環境を作ってくれた友人に
思いを巡らせた。

今年はいつにも増していい夏休みだったなあ。。。

万全のプランニングでプチ留学再開

標準

夏休みには毎年、娘は体験入学という形で
実家近くの幼稚園や小学校に
短い間だけ通わせてもらっていた。

だが、1年生の一昨年の夏
お友達ができなかったり
校内で迷子になったりして
娘がすっかり自信を無くしてしまい、
去年はプチ留学をあきらめた。

さて、今年はどうしよう?

再開するなら早いうちでないと
日本語の授業についていくのも大変だし
友達の輪にもますます入りにくくなる。。。

と迷っていたところ、
高校の同級生で地元の別の小学校の先生をしている年賀状友達のことを思い出した。

学区外だけど、彼女に相談してみよう。

4月の終わりごろ、藁にもすがる思いでメールで連絡すると
「校長が教育委員会と相談の上、了解してもらえたよ。
偶然にも私は3年生の担任だからうちのクラスにおいで。
日本で楽しい思い出を作ってあげなきゃね」
との返事が来た。

もつべきものは友達とはこのことだ。

よくよく聞いてみると、
前にもうちのような体験入学の子どもを受け入れたことがあり、
学校にも外国人の親を持つ生徒が何人かいるようで
受け入れ態勢も整っているらしい。

算数と国語の教科書は購入することにしたが
それ以外は貸してくれるというし、
体操服も前の学校のものでOK、
お習字の道具やリコーダーも何とかしてくれるというから
ありがたい。

「前と違う小学校だけど、ママのお友達が担任の先生だよ」
と言うと、娘も
「ならその小学校に行く!」
とようやく前向きな返事。

前の小学校は実家から徒歩2分、
今度は車で20分だけど、背に腹は代えられない。。。

こうして7月4日、
私も娘も期待と不安いっぱいで初日を迎えた。

下駄箱にはすでに娘の名前が書かれたシールが貼ってあり、
娘の顔がパッと明るくなった。

上履きに履き替えていると、
「ねえ、xxちゃんとxxちゃんのお母さんでしょ?」
と、子どもたちが寄ってきた。
「xxちゃん、来たよー!」と大騒ぎ。

クラスで毎日、カウントダウンをしながら
娘が来るのを待っていてくれたらしい。
「教室は2階だよ」と、案内までしてくれる。

先生(友人)も加わってみんなで教室に行き、
ランドセルをロッカーに入れたり
お道具箱を机に入れたり
水筒を所定の場所に並べたり、
代わる代わるクラスメートたちが手伝ってくれる。

娘の前に座っている男の子などは
朝の会が始まっても後ろを向きっぱなし。
隣のクラスからも
「ねえねえ、xxちゃん来た?」
と教室をのぞきにくる子がいる。

そのあたたかい歓迎ぶりに
「ずっと教室に残っていてね」と不安がっていた娘も
「ママ、もう帰っていいよ」と、手のひら返し。

5時間目の学活の時間を使って歓迎会をやってくれるというので
少し早めに迎えに行って見学させてもらうことにした。

歓迎会は、全員の簡単な自己紹介や
フルーツバスケット(懐かしい!)のゲームなどで
大盛り上がり。

少しはにかみながらも
みんなに交じって声をあげて笑っている娘を見て、
私も涙が出そうになるぐらいうれしかった。

生きた日本語と日本文化を学んでほしいという私のエゴで
娘にかわいそうな思いをさせたかもしれない、と
自責の念にかられることもあったが、
そんな気持ちも一気にふっ飛んでしまった。

そして、いろいろ根回しや準備をしてくれた友人に心から感謝した。

これからの3週間は、
娘と日本との関係が
大きく前進するきっかけになりそうな予感がした。

日本語クラス初日から漢字の学習がはじまった!

標準

9月に入って、娘が土曜日に通っている日本語クラスでも
新学期の授業が始まった。

この学校は、初年度(5歳児)以外は
年齢ではなく日本語の能力別にクラス分けをすることになっていて、
娘も夏休み前の最後のクラスでテストを受けていた。

どんなテスト結果だったのか、と思いきや、
娘は今年からレベル3のクラスになったと連絡が来た。

初年度の去年がレベル1だから、
ひとつ飛び級(というほどのことではないが)だ。

去年、同じクラスだった子たちのほとんどが
レベル2のクラスなのを見て、少し不安になり問い合わせてみた。

「うちの子は本当にレベル3でいいのでしょうか?」

すると、こんな答えが。

「お宅のお子さんのテスト結果はレベル2と3の中間でしたが、
xxちゃんと同じクラスなるよう、お母様がリクエストされてましたので
一緒にレベル3にしました」。

「え?クラス分けについてそんなリクエストはしてませんけど?」

「あ、そうですか。では、それについてはこちらの記憶違いかもしれません。
が、クラスのレベルはそのままでもよいと思いますよ。
もちろん、お母様がサポートしていただけるという前提での話ですが」。

なんだ、うちの子の成績が特段良かったというわけではなく
xxちゃんに引きずられたというわけか。。。

でも、プッシュが必要なうちの子には
少し難しいぐらいのクラスがちょうどいいはず。
簡単すぎると手を抜くことは目に見えているし。。。

「もちろんです。私も精一杯サポートしますので
レベル3でお願いします」。

そうやって始まった新学期。

担任の先生に聞くと、同じクラスには
1年生から3年生までの子どもたちがいるという
(その先生が持っている別の時間帯のクラスには
同じレベル3でも、中高生もいるらしい)。

初日のクラスを見学していると、
ひらがなとカタカナをひととおり紙に書いたあと、
いきなり漢字の練習が始まった。

一、二、三、、、、十、百、千。

まだカタカナも半分ぐらいしか覚えてないのに!
まだ千まで数えられもしないのに!

これは大変。
家に帰ったらさっそくカタカナと今日習った漢字の練習をしなくちゃ
(でも、日本の一年生も今頃、同じくカタカナと
漢字を習いはじめた頃だよね)。

一方の娘は、
「漢字っておもしろい!」
と、目を輝かせている。

さらに、
「テストで頑張ったから、少し上のクラスに入れたんだよ」
と持ち上げたら、まんざらでもなさそうだった。

外国語として日本語を学ぶ子どもたちの中には
漢字が始まったとたんに脱落する子も多いと聞く。

この調子で、第一関門の今年を乗り切ってくれますように!

日本語サマーキャンプで『国語』大好き!

標準

カリフォルニアに戻った翌週は、
特にアクティビティも入れずに
のんびり過ごしたり友達とプレイデートをさせようと思っていた。

そこへ、サンフランシスコのママ友からメールが来た。

『私のやっている日本語キャンプに
今週だけ参加してみませんか?
日本から母親の出張に同行するお子さんを預かることになっていて
人数が多い方が楽しいので』
とのこと。

彼女はベイエリアの子どもたちに
日本語を教えることをライフワークとしていて
日本語のアフタースクールケアや
週末の日本語クラスなどを主催しているが、
この夏休み、新しく日本語のサマーキャンプを始めたと以前に聞いていた。

毎週、日本の文化や言葉をテーマとし、
工作や歌、遊びなどを通じて日本語と日本文化を学ぶという
カリキュラムになっていて、
ランチのクッキングまである。

自宅からサンフランシスコまでは
高速道路をとばしても片道20分以上かかるので
これまで彼女のサービスは利用するきっかけがなかったのだが、
日本の学校を楽しめなかった娘に
少しでも楽しく日本語を使って欲しいという気持ちもあり
8月4〜7日の4日間、お願いすることにした。

幸い、
「サンフランシスコのRちゃんのところ、行きたい?
Rちゃん以外にも、同じ一年生の日本からのお友達とかも来るんだって」
と聞くと、
「行きたい」と言う。

「自由勉強の時間があるから」と、
この夏休みに終わらせる予定だった
公文のひらがな練習帳とカタカナのプリントを
持って行かせた。

初日の夕方、迎えに行くと
「なんでこんなに早く迎えに来るの?」
と、邪魔者扱い。

よかった!
楽しかったみたいだ。

それだけでもじゅうぶん行かせた甲斐があったというものだが、
帰りの車の中で、娘は何を思ったか
「私も漢字がやりたい」と言い出した。

Rちゃんは娘より一つ上の2年生。
ママが日本語にこだわっているだけあって
日本語の会話もとても上手、
一年生の漢字もきちんとマスターしているようだった。

そのRちゃんが漢字の練習をしているのを見て
自分もやりたいと思ったようだ。

漢字を教えるのはまだまだ先かな、と思っていたのだが
興味を持ってくれただけでありがたい。

「じゃあ、今日持ってったひらがなとカタカナの練習を
まず終わらせようよ。それができたら一年生の漢字ね」
と言うと、その次の日、
ひらがなとカタカナを10ページ以上終わらせてきた。

「Rちゃんは、ママに表を作ってもらって
終わったらシールを貼ってもらっているよ。
私にも同じの作って」と言う。

その夜、さっそくひらがな、カタカナの
練習チェック表を作ってプリントした。

次の日も同じ勢いで文字の練習を終わらせて帰ってきて、
チェック表の第一目標に到達、賞品(スイーツ)を
もらえることになった。

「いつ、スイーツ買いに行く?」と
待ちきれない様子で聞いてくる娘を見ながら、
こんなにやる気を引き出してくれた友人には頭が下がる思いだった。

「あのねえ、⚪︎⚪︎君(日本から来た男の子)ね、
『うるさい、ばばあ』とか言って、また怒られたんだよ」
と、娘はうれしそう。

まあ、そんなお下品な言葉もたまにはご愛嬌。
学校みたいにみんながかしこまっているところより
そりゃ肩の力が抜けた環境の方が楽しいよね。

日本でおばあちゃんに買ってもらった国語のノートを持ってきて
「国語ってなあに?ここにカタカナを書いてもいいの?」
と言うから、
「国語っていうのは日本語のことだよ。
ひらがなもカタカナも漢字も、本を読むのも文を書くのみんな国語よ」
と答えると、
「じゃあ私、国語、だーい好き❤️」
と言うではないか。

日本語が嫌いなわけではないのだ。
この夏の体験入学
日本語の勉強もしたくないと言いだしたらどうしようと少し心配していたが
どうやらそれは無用のようだ。

日本の小学校での記憶がすぐに上書きされるとは思わないが、
この4日間の日本語キャンプのおかげで
日本語学習に対して以前より積極性がでてきたように思える。

友人(とRちゃん)には感謝してもしきれない。

暗雲の立ちこめた日本語学習計画に
また少し、薄日が差し込んだような気がしている。