タグ別アーカイブ: YMCA

娘の親離れを実感したYMCAサマーキャンプ

標準

YMCAの泊りがけサマーキャンプの申込は
オンラインで行う。

名前や住所、既往症などの基本情報だけではなく、
今後伸ばしていきたい(子どもの)長所や
改善したい点、どのような点に気をつけて
しつけをしているか、など
かなりパーソナルなことまで聞かれる。

アウトドアで楽しく遊ぶだけだと思っていたから
きちんと個人の性格やニーズに合わせた
対応をしてくれるんだな、と少し感心した。

そうして7月8日、日曜日、
午後3時にダンナがうちから車で約1時間の
キャンプ場 Jones Gulch まで娘を送っていった。

私は都合で行くことができなかったが、
あまり大げさにしなかったのは
本人にとってもかえってよかったかもしれない。

ダンナも
「偶然、クラスメートのXX君もいたし、
すぐに一緒の部屋の女の子たちを見つけて
仲良くなってたから心配なさそうだね」と言う。

それから一週間、キャンプの間は
面会はおろか電話連絡すら禁止されている。
携帯などの電子機器の持ち込みも不可だが
メールを事務所宛に送ることだけは許されている。

前日の夕方までに送れば、翌朝の朝食時に
プリントアウトしたメールが
本人に手渡されることになっている。
ただし、返信はもちろん不可。

こちらからほぼ毎日メールは送ったが、
それ以外はまったくの音信不通で一週間が過ぎた。

私はお迎えにも行けなかったのだが、
後から聞くと、娘はキャンプ場をひととおりダンナに案内し、
どこで何をしたかを得意げに話したという。

アーチェリーで的の中心を射抜くことができたことや
キャンプファイヤーのタレントショーでルームメイトと流行りの歌を歌ったこと、
初めてジップラインにトライしたこと、
コテージに1つしかシャワーがなくルームメイトと日替わりで使ったことなど
私も後から聞かされた。

写真は一枚もなく、
部屋の友達とキャンプリーダーたちからのコメントが書き込まれたバンダナと
全員おそろいのTシャツだけが唯一、参加の証として残っているだけだが、
本人はかなり楽しい時間を過ごしたらしい。
「来年は2週間連続で行く」と、もう心を決めているようだ。

あまりにもスムーズにことが運び、拍子抜けしたぐらいだが、
もしかしたらこれって親離れの始まりだったのかも?

うれしいようなちょっと寂しいような複雑な気持ちだが、
YMCAの泊りがけキャンプは
今後、夏休みの我が家の恒例行事となりそうだ。

YMCAサマーキャンプ – 9歳の娘が親元を離れて初めての集団生活

標準

(2018年の夏を振り返って書いています。
 I am so behind! Sorry!)

日本への帰国をあきらめたこの夏休み、
娘はサマーキャンプ
そのほとんどの時間を過ごすことになった。

これまで、他のプログラムを検討することもなく
アフタースクールに通っているプログラムの
サマーキャンプに送っていたが、
いつもと同じ顔ぶれの友達と同じ場所で遊んでいるのに
ちょっと飽きてきた、と娘が言い出した。

へえ、同じなのがいいのかと思ってたけど。

そこですぐに思いついたのが
家族でジム会員になっているYMCAのプログラムだ。

YMCAはジムだけでなく
夏休みなどの子供向けアクティビティ・プログラムも有名で
特に一週間〜の泊りがけキャンプは
予約が殺到する人気プログラムだというのは前から聞いていた。

冗談交じりに
「泊りがけのYMCAキャンプとか行ってみる?」
と娘に聞くと
「うん!」という返事。

え、行くの?ほんとに?

思いも寄らない返事に
あわててプログラムの内容を見てみると。。。

・対象は夏休み明けの学年が3年生以上10年生以下の子ども
・キャンプ場は車で1時間ほどのYMCAが所有する”Jones Gulch”
・6月から8月半ばまでほぼ毎週実施
・乗馬やジップライン、カヌー、ハイキングなど
 日替わりアウトドア・アクティビティが盛りだくさん
・7〜8人のグループで男女別にコテージに滞在

とにかく大自然の中を走り回ることが第一の目的のようで
キャンプファイヤーやタレントショーなどの夜のイベントも楽しそう。

娘は今度4年生になるから年齢的には大丈夫だけど
初めてだしお友達も一緒がいいよね、と
仲良しのお友達のママ数人に声をかけてみた。

すると、誰もが口をそろえて
「うちの子にはまだちょっと無理かな。
 一週間もうちから離れるなんてこれまでやったことないし」
と言うではないか!

子どもだけでなく、親の方も心の準備ができていないようだった。

娘はがっかりするだろうと思いつつ
「みんな行けないって言うけど、さすがに一人じゃ嫌だよね?」
と聞くと
「別にいいよ。一人で行く」
と言う。

「え、本当に大丈夫?一週間だよ」
と何度も念を押したが
「おばあちゃん家に一人で泊まったことあるし」
と決心は固い。

一人で、、、という枕詞がつくといつでも何でも
「ママかパパが来てくれないとヤだ」
と言っていたのに、どういう風の吹き回しだろう?

6月のクルーズで、新しいお友達と自由気ままな日々を過ごしたことで
自立心が芽生えたのだろうか?

少しこちらが戸惑ってしまうぐらいだったが
かわいい子には旅をさせろ、と言うのはこのこと、と
Jones Gulch Resident Camp に申し込むことにした。

一週間、宿泊&食事代込みで$740。
9〜5時のデイキャンプの約2倍だが、
ここは娘の成長と夏休みのもう一つの思い出に
投資するとしよう。

次へ続く

一ヶ月遅れのお誕生会はYMCAでの運動会(2)

標準

img_8454

img_8451

厳選したお友達14人にオンラインで
誕生会の招待状を送ったところ
なんと13人から『参加』の返事。

オンライン招待状は手軽さが魅力だが
返信がこない、『参加』と言ったのに当日ドダキャン、など
手軽さによるデメリットもある。

なのに、おばあちゃんの誕生会と重なってしまった
Mちゃん以外はすべて『参加』と知って
娘も私も少しびっくりした。

日曜日の4時からという時間帯も良かったのだろう。

土曜日は、スポーツなどの習い事で
忙しい子どもたちも多く、
土曜日のお誕生会はタブーと言われているほど。

日曜日の遅い時間だったので、
週末の予定との両立もしやすかったのかもしれない。

当日。
私は朝からスナックの準備で忙しい。

・おいなりさん
(味付けのおいなりさんにご飯を詰めるだけ!)
・ミニベーグル
(セルフサービスでクリームチーズと一緒に)
・トルティヤチップス
(セルフサービスでアボカドディップと一緒に)
・枝豆
(塩茹で済みの冷凍もの)
デビルドエッグ
(2ダースのゆで卵をアレンジして手作り。意外と簡単)
・ミニピザ
(直径10cmぐらいの冷凍もの3ダース。会場のオーブンで直前に温め)
・ケーキ
(これはお気に入りのベーカリーにオーダー)
・ジュース

簡単に作って簡単に食べられる
子どもの好きなフィンガーフードばかりを集めた。

娘が手伝うと言って聞かないので
デビルドエッグの黄身のミックスと
白身に詰め直す作業を手伝ってもらった。

意外と役に立つ。

そうして3:30頃、車で3分のYMCAに入ると
パーティ会場はすでに
お願いしておいた娘のお気に入りのブルーと紫の
テーブルカバーや風船などで飾り付けがされていた。

スナックを並べるぐらいであまり準備することもなく
ちょっと気が抜けたぐらいだ。

4時近くになると、ゲストが続々と到着。
初めて会う保護者も数人いたが
基本的には知った顔ばかり。

ほとんどが子どもを置いて会場を去って行った。

体育館に子どもたちを連れて行くと
インストラクターがお待ちかね。

普段から、子どもたちのサマーキャンプなどを
担当しているという彼女は、子どもの扱いも慣れたもの。

じゃんけんゲームや鬼ごっこのような
軽いゲームから始まり、
ポテトサックリレー
(ジャガイモを配送するときの頑丈な布のバッグを履いてジャンプして前進する)
や、障害物競走など
テンポよく進めてくれている。

正面衝突して泣き出す子がいたり、
「やりたくない」と一人でふてくされる子がいたりもしたが、
1時間のアクティビティの後は、
子どもたちはみんな汗だくになって
にぎやかにパーティ会場へ戻ってきた。

子どもたちもパーティには慣れたもので、
こちらが何も言わなくても
勝手にお皿の上に好きなものを取って
スナックを食べ、ソーシャライズを始める。

ピザはやっぱり圧倒的な人気だったが
娘と作ったデビルドエッグもすぐになくなった
(娘は、自分が作ったのに一つも食べられなかったとこぼしていた)。

その後、迎えにきた保護者たちも
ケーキやスナックを少しつまんだり
他の保護者たちと談笑した後、
三々五々と、子どもたちを連れて会場を後にした。

ああ、やっと一年に一度のビッグイベントが終わった。

計画には時間がかかったが、
終わってしまえば一瞬だった。

プレゼントの山を見ながら
『これ、どこに収納しよう』
と思わなくもなかったが、
娘の満面の笑みを見て私も大満足。

思い切ってパーティをやってよかった!

一ヶ月遅れのお誕生会はYMCAでの運動会(1)

標準

悩みに悩んだ娘の誕生会。
初めて巷の『お誕生日パーティプラン』を利用することにした。

これまでは自宅に数人の仲良しのお友達を呼んで
自宅の飾り付けから軽食の用意、アクティビティまで
すべて自前でやってきたが、
娘も8歳になり、誕生会についても自分のこだわりを主張し始めた。

「クラスのお友達全員を呼んで、
パーティ会場でやってみたい」。

娘のいう『パーティ会場』とは
アートテコンドートランポリンなどの教室が提供しているプランで、
ゲスト一人当たり$20〜30以上が相場、
しかもケーキやドリンク、スナックなどのフードは
持ち込みが普通だから、
20人以上も招待したら軽く$500は超えてしまう。

そのぐらいが当たり前の風潮に
以前からなじめずにいた私だが、
仲良しのお友達の数も増え、
自宅でパーティをできる規模ではなくなってきた。

仕方ない。
今年は、『パーティ会場』でやるとするか。

だからって毎年やるわけじゃないぞ、と
自分に言い聞かせながら
ネットを駆使して会場探しを始めた。

Pump It Up
(空気で膨らませた巨大ジャンプ遊具がたくさんの
 人気チェーン・パーティスポット)がいい!」
「あそこはたくさんのお友達がお誕生会やってるでしょ?
同じところじゃない方がいいんじゃない?」

「じゃあ、アイススケート」
「いつも行ってたところ、春にクローズしちゃったからねえ。。」

「ボウリング?」
「こないだ、Lちゃんがやったばっかりだもんねえ。。。」

体を動かしてみんなでワイワイ楽しめる
アクティビティのできる会場を探していた時、
ふと家族会員になっているYMCAのことを思い出した。
確か、会員用バースデープランがあったはず。。。

問い合わせてみると
『2時間カスタムメイドパーティプラン』
というのがあった。

体育館の半分を貸し切って
ドッジボールやバスケットボールなどの
アクティビティを自由に選ぶことができ、
1時間のアクティビティ+1時間のパーティルーム使用+インストラクター
で$210(15人まで)だ。

何といってもアクティビティの内容は
リクエストに応じてくれるというのと
パーティ会場の飾り付けや紙皿、フォークやナイフなども無料サービス、
片付けも全部やってくれるというのがいい。
こちらはケーキとスナックなどを持ち込むだけだ。

日本の運動会を真似て
二人三脚や綱引きをやったら大ウケだったという
ママ友のお子さんの誕生会を思い出し、
YMCAの誕生会担当者と相談の結果、
体育館で障害物競走やリレーなどを盛り込んだ
チームアクティビティを行うことに決定した。

娘とゲストリストを厳選したら
4年生2人(娘の憧れの上級生男子!とその親友)、
学校以外のお友達4人を含めてちょうど15人前後。

このぐらいなら
全員にきちんと目が届き、
スナックもケータリングしなくて済みそうだ。

こうして、娘も私たちも納得のプランが見つかり、
10月の半ばすぎにようやく
ゲストにオンラインの招待状を送ることができたのである。

続く

宿泊施設だけじゃないYMCA、ファミリーでジムに入会

標準

ダンナが重い腰を上げてやっとジムに入会することにした。

プールがあることが前提というので
施設が限られてしまうのだが、
ちょうどうちから徒歩でも5分のところに
YMCAという理想的な施設があった。

YMCAとは”Young Men’s Christian Association” の略で
もともとは宗教的な団体だったのはご存知の通りだが、
時代も変わり、現在は
“For youth development, for healthy living, for social responsibility” と
地域に根ざした健康的な生活への貢献が
ミッションとなっている。

学生の頃、海外旅行をした時、
YMCAの安いホテルに泊まったことがあるのを覚えているが、
アメリカに住むようになってからは
地域住民のためのスポーツや託児・学童施設というイメージの方がずっと強くなった。

メンバーシップシステムが何ともよくできている。

大人個人のメンバーシップだけでなく
子供の個人メンバーシップ、
大人二人&子供(人数無制限)のファミリーメンバーシップ、
なんと大人一人&子供(人数無制限)のファミリーメンバーシップまである。

私がすでに別のジムに入っているため、
ダンナは大人一人と子供のファミリーメンバーになった。

さらにプログラムもよく考えられている。

夕方の時間帯にはプールや体育館が開放されるのはもちろん
ファミリーヨガやファミリーズンパなどのクラスがあり、
仕事から帰った親と子供が食事の前後に健康的にファミリータイムを過ごせる。

入会してからというもの
娘は夕方、学校から帰るや否や「Yに行こう!」と言い、
毎日のようにズンバやヨガ、水泳にダンナと二人で通っている。

「けっこうたくさんのお父さんが子連れでズンバに来ていたけど、
みんな動きがぎこちなくて笑っちゃったよ」と、ダンナ。

いつこの熱が覚めるかわからないが
じっとしているのが苦手な娘と圧倒的に運動不足のダンナにとっては
いい日課となっているようだ。

ヨガやピラティスなどのグループレッスン専門の私だが、
今通っているジムに負けず劣らずプログラムも充実しているようだし
何といっても家から近いのがいい。

ジムを退会してYMCAの大人二人&子供のファミリーメンバーに
アッップグレードするのもアリかと
真剣に考えているところである。