1年遅れの思春期トーク(Puberty Talk)

標準

5年生の終わりに実施予定だった
思春期トーク(いわゆる性教育)。

コロナで在宅授業になってしまったため、
市内の学校すべてでこのカリキュラムが
延期になってしまっていた。

娘は、「気持ち悪いし、やらなくてすんでよかった!」
と喜んでいたが
学校でやってくれるならそれに越したことはない、
と思っていた私は
「いつになったらやってくれるんだろう」と
ずっと気になっていた。

12月になって、教育委員会からようやくメールが届いた。

『来学期に、在宅学習用にアレンジした思春期トークを実施します。
サイエンス授業の一環として行い、
7−8年生向けのティーントーク(Teen Talk)を念頭において
以下の内容をカバーします。

・思春期と心身の変化
・心身の健康の維持
・ボディ・イメージについて
・性の同一性
・同意について
・受精と妊娠
・AIDS/ HIV

カリキュラムの概要はこちら』
と、パワーポイント(写真)のリンクまでついていた。

プレゼンテーションは
イラストや写真を多用した300ページほどの
かなりボリュームのある内容で、
ディスカッション項目や
ケーススタディなどを取り入れ
かなりていねいに作り込まれている。

思春期と心身の変化や妊娠などに関する
サイエンス的な情報については予想した通りだったが、
『性の同一性』や『同意について』は
リベラルなこのエリアならではだろうな、と
ちょっと感心した。

性の同一性とは
あちこちでさかんに語られている
自分がどちらの性に属するか、という
アイデンティティの問題で、
同性愛のことについてまで広くカバーされている。

日本で性同一性障害などと
何かその人に問題があるように語られているのに比べると
かなり許容性があるといえるだろう。

(注:アメリカでも保守的な信条を持つ人や
そのような人の多いエリアでは、この限りではない)

娘も、小学校の頃から
「xx 君は、男の子が好きなんだって」とか
「○○ 君はね、女の子といつも一緒に遊んでて
 しゃべり方も女の子みたいだし、マニキュアもよくしてる」とか
当たり前のように話していた。

私たちも
「あ、そうなんだ。そういうことは恥ずかしいことではないし
 隠さずに言えることっていいことだよね」と
大げさなリアクションはしないように気をつけている。

テレビ番組やオンライン・コンテンツにも
そのようなキャラクターが頻繁に登場するようになった昨今、
少なくとも娘は、授業を受ける前からある程度の理解はあったようだ。

アメリカらしいな、と思ったのは
『同意について』だ。

これは、ハグなど相手の体に触れたり
相手との物理的な距離感(立ち位置)の保ち方について
相手の同意(Consent)を求めるように促す内容。

もちろん、近い将来に直面する
交際相手との関係を見据えてのことで、
相手に自分の意思をはっきり伝えることと
それを尊重することの重要さを強調している。

私が見ていても思うが、
アメリカの子どもは心身ともに成長が早い。

遺伝とか食習慣とか、理由はいろいろ語られているが、
12歳ともなると私より体格のいい女の子がザラにいる。

精神面でも、
自己責任において自由に行動させることを推奨するカルチャーとあわさって
男女交際の始まる時期は早く
その付き合い方も大人顔負けだ。

あまり考えたくはないものの、
無知なままそんな世界に飛び込ませるよりは
ある程度の知識と常識は持たせておくに越したことはない。

そういうわけで
対面授業が再開される前に
思春期トークがやっと実施されると聞き、
ほっとしたのだった。

(次回に続く)

選択音楽の授業で初めてのチェロに挑戦!

標準

娘の学校にはフルタイムの音楽の教師が2人いる。

一人は、元サンフランシスコ・シンフォニーの
バイオリン奏者だったという若い女の先生で、
もう一人は、白いワイシャツに黒いネクタイとベストという
出立ちがユニークな
いずれも熱心なミュージシャンだ。

そんな先生のおかげで
音楽の授業も、私たちが想像するようなものではなく
弦楽器オーケストラ、マーチングバンド(吹奏楽)、合唱の
3つの中から希望するものを選び、
1年間それに特化した授業を受けられることになっている。

*そもそもは体育か音楽かの選択授業で、
 音楽を選択した場合は隔週で音楽と体育をローテーションで受ける。
 体育を選択すると毎週、毎日、体育の授業がある。
 
娘は、小学校の音楽で少しだけバイオリンをかじったが
中学では弦楽器オーケストラで
チェロにトライしたいという。

ちなみに、アメリカでは中学校レベルになると
オーケストラやバンドなどが授業として行われるのは珍しくなく、
マーチングバンドは全米の80%以上、オーケストラでも40%ほどの学校で
取り入れられている。

楽器は学校で無料レンタルもしてくれるのだが
数が不足というのと
娘が真面目に練習したいというので
うちは楽器屋さんのレンタルプログラムを利用することに。

レンタル料は月々38.5ドル、
購入に切り替えたい場合はそれまでの支払分を充当してくれるというので
まあ、どっちに転んでもダメージは少ない。

以前にも、ピアノのレンタルをしていると
日本からの駐在家庭のお母さんから聞いたことがあったが、
やりたいことには気軽にトライし、
嫌になったら無理して続けることはない、という
アメリカらしい哲学にあった仕組みになっているようだ。

オンライン授業でどこまでできるようになるのか
私は半信半疑だったが、
6年生担当の優しくてキレイな先生のおかげか、
隔週で週5回の授業で
娘は簡単な曲がそれなりに弾けるようになってきた。

きらきら星とか、あの有名な『第九』や名曲『天国と地獄』のサビの部分などだ。

そして先日、2月の初旬に、その成果を発表すると
オンラインでのコンサートが行われた。

ご存知の通り、異なった場所にいる奏者が
オンラインでライブ合奏をするというのは技術的に難しく、
コンサートといっても事前に録画されたものではあったが、
ビギナーの子どもたちが約半年で、しかもオンラインのグループレッスンで
これだけできるようになれば万々歳だろう。

演奏曲目は『ちょうちょ』。

6年生から8年生までの
各音楽プログラムの演奏をまとめて聴いたが
8年生にもなるとようやく音楽らしくなってくる。

7年生からはチェンバー(管弦楽)、8年生になるとジャズなど
オーディションによる選抜グループもあり、
娘は5月のオーディションを受けるつもりでいるらしい。

ピアノを教えようとして挫折した私にとっては
娘がこうやって音楽に興味を示してくれるだけでうれしい。

細く長く続けてくれますように。

Maltipoo(マルプー)がやってきた日は人生で最高の日

標準


ついに、うちにもペットがやってきた。
生後8週間のMaltipoo(マルプー)だ。

数年前から娘は犬が欲しくて
誕生日にもクリスマスにも
プレゼントの希望は犬だった。

でも、どうせ私が世話をすることになるんだし、と
ペットの話になるたび
私はのらりくらりとかわしてきた。

なのだが。。。

先週の金曜日、ダンナが
「この犬、どうかな?」
と、持ってきた
ペット売買のサイトに載っていたマルプーの写真(右)を見ると
さすがの私も
「かわいい。。。。」
と、目が釘付けになった。

娘も、この微妙なモカ色のくりくりの目をしたこの子は
絶対に彼女のものだといって聞かず、
あれよあれよという間に
その子の里親になる話がまとまり、
日曜日の受け渡しが決まってしまった。

それでも私は、引き取りに行く車の中で
「落ち着きのない子だったり、吠えまくったりしたら断れるよね」
などと、まだ100%納得していたわけではなかった。

そして、なぜか指定されたファストフードの駐車場で
ブリーダーに連れられてきた子犬と対面。

体調は20センチぐらいだろうか。
最近までお母さんのミルクを飲んでいたというその子は
かわいらしいその黒目がちな大きな目とは対象的に
少しおどおどした感じで、よく見ると小さく震えていた。

一目で私たちはその子のとりこになり、
「いざとなったら断れるよね」
なんていう考えもどこかに吹っ飛んでしまった。

それどころか、
「私たちが可愛がってあげなくちゃ」
という気持ちがむくむくと湧いてきた。

ブリーダーも
「この色のマルプーは人気で
あなたたちの後にも4人から問い合わせがあったんですよ。
ラッキーでしたね」と言っていたが、
そう言われると
ますますこの出会いは何か運命的なものだったような気がしてくる。

娘は、写真を見たときから
名前は『ピーナツ』、『モカ』、『ラテ』のどれかにすると決めていたが、
サイズも色も『ピーナツ』がピッタリ。
全員一致で『ピーナツ』に決まった。

ちなみに、『ピーナツ』は、
お腹の中にいる赤ちゃんや
小さい子どもの愛称としても使われていて、
その意味でもこの子にはピッタリの名前だ。

娘は、帰りの車の中で『ピーナツ』を抱っこしながら
「今日は、私の人生で最高の日!」
と、涙を流さんばかりに喜んでいた。

学校に通えなくなってはや一年。
お友達と自由に会うのもままならず
一人っ子でケンカをする相手もいない娘には
きっと『ピーナツ』が癒しになってくれるだろう。

こうして、我が家に新しいメンバーが加わった。

意外とスムースだったミドルスクールへのトランジション

標準

そうこうしているうちにもう12月。
娘がミドルスクール(中学校)に進学してから4ヶ月が経っている。

もともとアメリカの学校では
入学式や始業式などといったものはなく、
新学期もなんともあっけなく始まるのが普通だが、
今年はオンラインでのDistance Learning ということもあり
こちらが拍子抜けするぐらい本当に静かに新学期がスタートした。

準備したことといえば
教科ごとのノートやフォルダー、カラーボールペンを買ったぐらいで、
普通だったら新調しているだろうバックパックや
運動靴などは学校が再開するまでおあずけ。

ロッカーで体操服に着替えて体育をする、というのが
小学校とは違うと聞いていたが、
学校のロゴ入り体操服の注文もした覚えがない。

ミドルスクールでは、パンデミック以前からオンラインシステムが導入されていて、
宿題の提出や先生との連絡などは全てデジタル。

だから、準備らしい準備といえば
娘のPC(ダンナのお古)にそのシステムをダウンロードしたり
学籍簿へのデジタル登録をしたり
PCにペアレンタルコントロールを設定するなどの
ITシステムの整備が主だった。

ちなみに、この学校のシステムには保護者もログインできるようになっていて、
宿題の内容や提出期限、テストの結果や成績などが日々チェックできる。
教師への連絡もここからメールを送付する。

一番興味をそそったのは、成績システムだ。

各教科とも、学期の最初は100%(100点)と表示されている。
その後、宿題やテストなどの結果が日々反映され、数字が上下するのだ。

宿題の提出忘れや遅れなどはペナルティが大きく
すぐに75%などに下がってしまうが
その後、挽回すれば少しずつまた100%に向けて数字が上昇する。

先生によっては、宿題やテストの結果が期待以上だった場合、
101%など、満点を超えるスコアを発行してくれる先生もいるのが面白い。

私も時々ログインしてこの点数をながめては、
「まあ、放っておいても大丈夫かな」
「あれ、点数が下がってるけどどうしたのかな?」
などと、娘に声をかけるタイミングを見計らうようにしている。

そんなきっかけでもないと、
「今日、学校どうだった?」と聞いても
「普通」と返ってくるのがせいぜいだからだ。

学期末にはこれに授業態度などが加味されて
最終成績(A~F)がつく。

A+ = 97%
A = 93%
A- = 90%
B+ = 87%
B = 83%
B- = 80%
C+ = 77%
C = 73%



と、点数によってグレードも決まっているという
ある意味とても透明なシステムだ。
学期末になって「こんなはずでは。。。」ということもない。

こうしてみると、ミドルスクール(やハイスクール)は
デジタル化が進んでいたという点で
図らずしもDistance Learning 対応が整っていたともいえるだろう。

一日中、コンピューターを通して授業を受け、
時間割や課題の管理を自分でするということができる年齢に
ちょうどなっていたのもタイミングがよかった。

、、、というわけで、娘はオンライン中学校生活をそつなくこなしている(と思う)。

他の小学校から来た子どもたちや教科ごとに異なる先生たちと
親しくなる機会などはあるのだろうかと心配していたが、
社会科の先生はとても太っ腹で
宿題は出しても出さなくてもOKだから人気があるとか、
数学のクラスでできた新しい友達と一緒にサイクリングに行くとか言っているのをみると、
それなりに新しいコミュニティにも馴染んでいるようだ。

Distance Learning のマイナス面を挙げればキリがないが、
まずはスムースにミドルスクールへトランジションできたことを喜ぶとしよう。

号外ポスト:大統領選挙で真のアメリカを見た!(2)

標準


先の記事を書いた翌日の7日、
ようやくバイデンの勝利がアナウンスされた。

その日の確定数字は覚えていないが、
今日11日現在の獲得選挙人数は右図の通りだ。

バイデン:290
トランプ:217

ちなみに、先に書いたような事情で、
開票率はまだ100%に達していないが
結果がひっくり返ることはないと推測されている。

この数字について簡単に触れておくと、
これは選挙人という、12月14日に最終的に大統領を選ぶ投票に参加する代理人の数で
週ごとに決まった数が割り当てられている。

実は、この仕組みがまた少し曲者で、
その割当がなんとも不公平なのである。

代表的な州の人口と選挙人の割当人数を見てみると、

・カリフォルニア:人口3950万人、割当選挙人55人
・オハイオ:人口1170万人、割当選挙人18人
・インディアナ:人口673万人、割当選挙人11人
・ミズーリ:人口614万人、割当選挙人10人
・サウスカロライナ:人口515万人、割当選挙人9人
・ケンタッキー:人口447万人、割当選挙人8人
となる。

カリフォルニアはバイデンの所属する民主党、
オハイオ以下はすべてトランプが所属する共和党の地盤であるが、
オハイオ〜ケンタッキーの人口の合計は3419万人と
カリフォルニアよりも500万人以上少ないにもかかわらず、
選挙人の合計数は57人とカリフォルニアのそれを上回っている。

カリフォルニアの住民からしたら
自分たちの民意が疎かにされているという感覚は否めない。

しかも、その州で最多数(実は、候補者は2人だけではない)を集めた候補者が
割り当てられた選挙人の数を総取りする仕組みのため、
獲得票数がどんなに拮抗していても
負けてしまっては選挙人獲得数はゼロとなる。
半分近い数の票が意味をなさないことになってしまうことも多々あるのだ。

これが『投票数の総計では勝ったのに、選挙人数では負けてしまう』
という、前回のクリントン vs. トランプ戦のような結果が出てしまう理由だ。

そんな事情もあって、投票日から4日間、
選挙結果を報じるニュース番組が表示する
中心部が共和党カラーの赤で塗りつぶされている
アメリカの地図を見るたびにヤキモキしたが、
どうやら今回はバイデンが選挙人数でも獲得票数でも
文句なしに勝利を収めたようだ。

なのに、、、、だ。

トランプはいまだに負けを認めるどころか
先に書いたように、不正をでっち上げて
あちこちの州を訴え始めた。

そして先ほど、そのうちの一つで
バイデンがリードするジョージア州が、
手動で票の数え直しを行う決定をしたという
ニュースが飛び込んできた。

所属政党とはいえ、
こんな独裁者をサポートし続ける共和党も共和党だ。
「そろそろ引き際でしょ」の一言をかける人が
誰もいないというのはどういうことなのだろうか?

この理由は、共和党の主な信条を改めて見てみるとよく分かる。

・税金のカット
・政府の関与の少ないフリーマーケット・資本主義
・移民の制限
・軍事力の強大化
・銃を持つ権利の保守
・中絶の禁止
・規制緩和と労働組合の規制

これを言い換えると、こうもとれる。

『規制も税金も減らし、お金持ちはよりお金持ちに。
 白人男性のキリスト教信者が世の中を牛耳るのが当たり前。
 これに異論を唱える奴は力づくでも黙らせろ』。

ちょっと乱暴だが、国内で起こっている事件や
共和党議員のコメントを見たり聞いたりしていると、
本気でそう思っている輩がいかに多いか分かってくる。

トランプはこの4年間で
もともとこんな思想を持っている人々の本性をあぶり出し、
それ以外の勢力や異なる思想を持つ人々との対立を深めてしまった。

そして、共和党は、トランプをうまく利用して
自分たちの主義主張をメインストリームに留めようとしたのだ。

バイデン指示の7700万人に対し、
トランプを支持した7200万人がそのような(またはそれに近い)思想を
持っているとしたら、これは恐ろしいことだ。

この4年間の破茶滅茶ぶりををもってしても
トランプにこれだけ票が集まっているというのは、
既得権者がその権利を何がなんでも守ろうとするあがきの現れなのだ。

そして、それがアメリカという国の現実なのだ。

きっと、女性かつアジア・南米系の副大統領候補
カマラ・ハリスが気に入らない、という有権者も多かっただろう。

バイデン大統領&ハリス副大統領新政権は
勝利を喜んでばかりはいられない。
これからの4年間は、いばらの道となることは間違いない。